Your browser (Internet Explorer 6) is out of date. It has known security flaws and may not display all features of this and other websites. Learn how to update your browser.
X

D2リリース!受注開始。世界初となるシリコンモールドにダイナミックスピーカーを内蔵したIEMを発表。センサフォニクスが初めて音楽鑑賞用イヤモニターを発売します。

世界初となるシリコンモールドにダイナミックスピーカーを内蔵したIEMを発表。
( D2 Release! Fusion of silicon and the dynamic SP)

D2リリース!センサフォニクスが初めて音楽鑑賞用イヤモニターを発売します。

プロミュージシャン用IEMだけを創っていたセンサフォニクスが初めて音楽鑑賞用を開発!世界初となるシリコンモールドにダイナミックスピーカーを内蔵しました。2019年11月2日から受注を開始します。新製品発表は中野サンプラザで11月2日(土)、3日(日)に開催されるヘッドフォン・フェスティバルで行われます。当日のSensaphonicsの展示ブースで試聴並びに受注を行います。

Read more

Musicians Earplugs“聴こえる耳栓”は音量を下げたうえで音質を保つことができる!音を正確に聴きたい人のために。

ミュージシャンイヤプラグ 『聴こえる耳栓』は音量を下げたうえで音質を保つことができる!
( We Recommend Musicians Earplugs)

アンプラグド・プレイヤーをはじめとするプロの現場はもとより、コンサート/ライブ通いなどで大音量の音楽に晒され続け、聴覚ダメージが懸念されるすべての人へ――

Sensaphonicsの原点であり、難聴の危機に瀕する多くの方々を救い続けている「Musicians Earplugs(ミュージシャン・イヤープラグ)」をご紹介します!

Read more

平成最後(!?)のポータブルオーディオ祭典「春のヘッドフォン祭2019」は10連休の幕開けとともに大盛況!

ポータブルオーディオ祭典「春のヘッドフォン祭2019」大盛況
(Headphone Festival Spring Was A Huge Success)

2019年4月27日(Sat.)、28日(Sun.)、平成から令和へと元号が変わる記念すべきゴールデンウィークの幕開けに、東京・中野サンプラザにて「春のヘッドフォン祭2019」が開催されました。恒例ではあるものの、会場のにぎわいは通常以上! Sensaphonics Japanのブースには、アーティストも直々に訪問してくれました。

Read more

IEMにおけるシリコン素材の優位性について

IEMにおけるシリコン素材の優位性について
( The Advantages Of Silicone IEM)

イーグルス、ビリー・ジョエル、オジー・オズボーンからマルーン5、コールドプレイ、ビヨンセ、レディー・ガガまで、今やグラミー受賞者の大半がSensaphonicsのIEMを愛用している。日本でも長渕剛、桑田佳祐、椎名林檎……著名なトップアーティストほどシリコン製IEMを支持しているのは何故なのか? その理由を探ってみる。

Read more

「春のヘッドフォン祭2018」開催

「春のヘッドフォン祭2018」開催 dBチェッカーでイヤホン音量を計測
(Headphones Festival Spring)

ヘッドフォン、イヤフォンなどを中心としたポータブルオーディオ製品の祭典「春のヘッドフォン祭2018」が、4月28日(土)と29日(日)の2日間、中野サンプラザ(東京都中野区)にて開催されました。

Read more

東京ビックサイトで開催された新価値創造展でのジェイフォニック社(センサフォニクス・ジャパン)の企業紹介映像が公開されました。

新価値創造展でのジェイフォニック社《センサフォニクス・ジャパン》の企業紹介映像が公開
(New Value Creation Exhibition,Picture for introductions of the Sensaphonics JP/J-phonic LTd)

2017年11月15日~17日に東京ビックサイトで開催された新価値創造展でのジェイフォニック社の紹介映像が、独立行政法人 中小企業基盤整備機構より公開されました。この展示会は経済産業省中小企業庁、関東経済産業局、東京都などが後援する、日本の中小企業が持つコアで独特な技術を広く知らせ新たな製品や事業を興すことを目的にした展示会です。ジェイフォニック社(センサフォニクス・ジャパン)の持つシリコン成形技術が選ばれて展示・紹介をされました。

Read more

音響専門雑誌のプロサウンド2018年2月号(1/18発売)にMove InterLockの紹介記事が掲載されました。

プロサウンド2018年2月号にMove=InterLockの紹介記事が掲載
( PROSOUND Feb-2018(Vol.203)An article of Move-InterLock was placed)

隔月刊の音響専門雑誌「プロサウンド2月号」(㈱ステレオサウンド社発行)のNew Product UpdateのコーナーにSensaphonics社の製造しているカスタムイヤモニター(IEM)の新機構であるムーブインターロック機構(Move-InterLock)が紹介されました。この機構はカスタムイヤモニターで発生することがあった顎の動きによる外耳道とイヤモニターとの隙間の発生を防止する機構です。この機構によってボーカリストなどに見られたこの現象を止める事に成功しました。導入実験を行ったロックバンドYAMONES(ヤモーンズ)へのインタビューも掲載されています。

Read more

シリコンIEMが新価値創造展で紹介。最先端のテクノロジーとしてジェイフォニック社のブースで紹介されました。

最先端のテクノロジーとしてシリコンIEMが新価値創造展で紹介
(New Value Creation Exhibition 2017)

2017年11月15日から17日までの3日間、東京ビックサイトで開催された新価値創造展で初めてシリコン製のイヤモニター・イヤプラグが紹介されました。この展示会は(独立行政法人)中小企業基盤整備機構が毎年開催している展示会で中小企業総合展から新価値創造展へと生まれ変わり、今年で4回目を迎えます。中小企業の持つ稀有で特有な技術や製品の紹介と、大手企業を始めとする国内の企業との連携構築、共創、ビジネスマッチングを目指し、新たな価値や製品が生みだすことを目的とした展示会です。会期3日間で3万5千人以上の来場者で賑わいました。

Sensaphonics(日本法人名:ジェイフォニック株式会社)のもつメディカル・シリコンの唯一無二の成形技術と、世界最高の遮音能力を実現している製品の特別な性能が評価され、日本国内の出展企業500社のうちの一社として選定されました。一般の人の眼に触れる機会の少ないシリコン製イヤモニターを真近にみることができ、さらにその柔らかさに触れてみれるこの機会は、来場者の大きな関心を集め、一様に驚嘆の声を湧き起しました。

Read more

ムーブインターロック機構

ムーブインターロック機構、カナルの先端が更に柔らかくなった!
(Move InterLock)

センサフォニクス・ジャパン・ラボが開発。世界に向けて発進。

センサフォニックスでは外耳道の密閉性、変形の問題の解決策として2001年から、固いアクリル製のIEMから、メディカルグレードの柔らかいシリコン製のIEMに全面的に変更し対応してきました。しかし、ボーカリストなどの外耳道は、顎の動きにより変形を繰り返しています。カナルの先端を特殊な加工により独特な形状にすることにより、シリコンがより柔らかく外耳道の変形と連動してフレキシブルに動くようになりました。それがMove InterLock(連動して動く)機構です。

Read more

【素晴らしいセンサフォニクスの音の隔離】が立証されました!

センサフォニクスのシリコンIEMの遮音性34dBが公的に認証された
( Superior Sensaphonics Isolation – now documented!)

業界初。独立したテスト研究所がセンサフォニクス社製のイヤモニターの驚くべき広周波数帯域における遮断性能を実証。オクターブ・バンド・テストにおいて全ての周波数で平均34dBの減衰。8000Hzでは平均遮断性能がなんと45.5dBを記録しました。実効遮音性能としては世界最高の数値が認証されました。

Read more

2016年10月22日、23日の両日にわたり、東京の中野サンプラザで秋のヘッドホン祭りが開催されました

中野サンプラザで秋のヘッドホン祭り2016秋が開催されました
(Headphone Festival 2016 In Autumn)

このエキシビションは主にポータブルオーディオの見本展示会で一般の人が直に最新の機器類に触れ、試聴もすることができるイベントで、最新の機種や各メーカーからの新製品が発表される展示会としても注目のオーディオ機器展示会です。(主催:株式会社フジヤエービック)

Read more

ルーク・ブライアンとモニターエンジニアのエド・ジャニスゼウスキーがセンサフォニクスのイヤモニを絶賛

ルーク・ブライアンとモニターエンジニアのエド・ジャニスゼウスキーがセンサフォニクスのイヤモニを絶賛
(Luke Bryan and Ed Janiszewski praise Sensaphonics IEM)

「私たちはセンサフォニクスの大ファンだ」とエドは言う。「音の質がすばらしい。最も使い心地のいいイヤモニだ。ルークはあれなしにはステージに上がらない。私も同じ気持ちだ。」シリコンの機能を絶賛。最近オーランドで行われたコンサートでは、センサフォニクスのマイケルがバックステージでルークやその他メンバーの耳型を新たに採取。他の会社のいくつもドライバーの入ったイヤモニと比較しセンサフォニクスのものを絶賛。

Read more

オール・タイム・ローがセンサフォニクスのイヤモニとともにツアーを開始

オール・タイム・ローがセンサフォニクスのイヤモニとともにツアーを開始
(All Time Low on Future Hearts Tour with Sensaphonics IEMs)

オール・タイム・ローがセンサフォニクスのイヤモニとともにツアーを開始

バルティモアが拠点のパンク/ポップバンド。センサフォニクスのイヤモニを8年使用中。以前は別の会社のイヤモニを使っていたが、ある日ドラムのばちがイヤモニを直撃してすごく痛かった。人のすすめでセンサフォニクスの柔らかい型に変えて、それ以来バンドのメンバー全員がセンサフォニクスのイヤモニを使っている。「音が正確で自然。音の分離もすばらしい。」他のどの社のものよりも落ちにくいが、そのことがステージでは何より大事だ。」

Read more

インイヤーモニターにおける、シリコンがアクリルより優れている点

IEMでシリコンがアクリルより優れている点をハーバードのフリガー教授が発表
(Advantages of silicone over acrylic in IEM design)

アメリカのハーバード・メディカル・スクールに所属するブライアン・フリガー教授によると、「アクリルはシリコンの様にしっかりと500Hz以下の音を遮音しない。と言う事が解っている」 と発表しています。更にフリガー教授は、「アクリル製イヤモニのカナル部分(外耳道部分ー耳穴に入る部分)が短い場合、1000Hz以下の遮音はまれである。」 と述べています。(痛みの出やすいアクリル製はシリコン製に比べるとカナルが短い)

Read more

Sensaphonics IEMシリーズに待望の新型リケーブル発売!

Sensaphonics IEMシリーズに待望の新型リケーブル発売!
( NEW RELEASE MMCX CABLE)

Sensaphonics のカスタムIEMシリーズは2004年の日本上陸当初から、常にステージユーズにこだわり、現場にそくしたグレードアップの技術開発を行ってきました。その為、技術がありながらも、従来の簡易な「取り外しが出来るだけ」のリケーブルを販売する事を避けて来ました。そして今年、長い研究と MMCX ケーブルの小型化により、プロの現場でもイヤモニ本来のパフォーマンス性を発揮できるリケーブル・モデルが完成しました。

Read more