NEWS PHONIC

Sensaphonics 2nd Annual “Respect Your Ears” Industry Night

センサフォニクスがシカゴで二回目のインダストリー・ナイト・イベント「あなたの耳を尊重しよう」を開催

センサフォニクスはシカゴで二回目となるインダストリー・ナイト・イベント「あなたの耳を尊重しよう」を開催します。このイベントはキルグビン・ブラザーズの素晴らしい演奏ととも無料の音楽を聴きながら、聴覚学者の専門知識に接する機会です。バンド演奏と大きな騒音の中で働く音楽ベニューの人々がフィルター付きの耳栓でいかに彼らの生活を豊かにできるのかを知る素晴らしい機会です。

Sensaphonics is pleased to announce its second annual “Respect Your Ears” Industry Night in Chicago. This no-cover event will take place Monday, March 28, at Martyrs’, with some great music from the Kilgubbin Brothers. Industry Night is an opportunity for Chicago venue workers to gather for an evening of free music, with Sensaphonics audiologists on hand to provide expert knowledge and deep discounts on professional hearing protection.

“Having drink orders shouted in your ears all night while bands are playing is exhausting, but that’s what keeps all our local music venues in business,” notes Sensaphonics audiologist Heather Malyuk. “Industry Night is a great opportunity to show venue workers how filtered earplugs can make their lives easier, both at work and at play.”

Sensaphonics audiologists from the Musicians Hearing Clinic will be at Martyrs’ throughout the evening, offering an incredible deal. Buy a pair of custom-molded Musicians Earplugs for $125 (a $25 discount), and get your your ear impressions FREE (a $75 value). Credit cards will be accepted.

 

 

 

Kilgubbin Brothers

The Kilgubbin Brothers’ name and music celebrate the American-Irish shantytown that clung to a muddy island in the Chicago River in the late 19th and early 20th centuries. They play the irrepressible, stubbornly upbeat music that emerged onto that island when the tunes and songs first baptized in the blessed wells of Ireland were dragged through the factory-fouled waters of the Chicago River. Playing with tenacity and unruliness, The Kilgubbin Brothers tap into the dance tunes and songs whose spirit and beauty persisted in their new home: soot-stained, early urban America. The Kilgubbin Brothers feature: Chicago Irish fiddle legend Seán Cleland (Drovers, Bohola); the mighty Jackie Moran (Drovers, Comas) on vocals, bodhrán, and banjo; Boston-born, All-Ireland fiddle Champion Brendan Bulger (Sprigs, Noel Henry Irish Showband); guitar virtuoso Jesse Langen (Hasco Duo, Ensemble Dal Niente); and powerhouse singer Ray Quinn (Tin Lynott, Martyrs’).

http://do312.com/events/2017/5/1/kilgubbin-brothersより転載

 

センサフォニクスはシカゴで二回目の年一回のインダストリー・ナイト・イベント「あなたの耳を尊重しよう」の開催を発表する事を喜ばしく思います。この遮るものが何もないイベントは、キルグビン・ブラザーズの素晴らしい音楽とともに3月28日にマーティアスで行われます。インダストリー・ナイトは、シカゴの音楽ベニューで働く人々が夜に集まり、無料の音楽を聴きながら、センサフォニクスの聴覚学者たちからプロの聴覚保護についての専門知識と大きな割引を提供してもらえる機会です。

「バンドが演奏する中で飲み物の注文が一晩中あなたの耳に怒鳴られているのは消耗します。しかしそれが私たちの地元の音楽ベニュー全てで仕事として成り立っているのです。」センサフォニクスの聴覚学者のヘザー・マルヤックは指摘します。「インダストリー・ナイトは、音楽べニューで働く人たちにとって働く時も遊ぶ時もフィルター付きの耳栓がいかに彼らの生活を楽にできるか知る素晴らしい機会です。

「ミュージシャン聴覚クリニック」のセンサフォニクスの聴覚学者たちが一晩中マーティアスにいて、信じられないくらいのディスカウントをしてもらえます。自分専用に型取りされたミュージシャン用耳栓が1セット125ドル(25ドル引き)で、75ドル相当の耳型を無料で取ってもらえます。クレジットカードが使えます。

 

Kilgubbin Brothers

Kilgubbin Brothersのその名前と音楽は、19世紀後期から20世紀初頭にかけてシカゴ川の泥だらけの島に住み着いたアイルランド系アメリカ人のスラム街の賛美から出ています。彼らはアイルランドの祝福された井戸からの清い水によって最初の洗礼を授けられた曲と歌が、シカゴ川の工場で汚れた水でひきずられていることをその島の上に現れたどこまでもアップビートに湧き出てくる音楽で、そのほとばしる感情を演奏しています。Kilgubbin Brothersは、初期アメリカ都市部で煤けてしまった彼らの新しい家にあった清らかさとスピリットを持ち続けた人々の中に残る歌とダンス曲を用いています。

 

 

 

Comments are closed.