NEWS PHONIC

Ramon Morales: Mixing Monitors for Lady Gaga

レディー・ガガのモニター・エンジニア、ラモン・モラルスがセンサフォニクスについて語る。

レディー・ガガのモニター・エンジニア、ラモン・モラルスがセンサフォニクスについて語っています。「もう何年もセンサフォニクスの大ファンなんだ。ガガもバンドもテクニカル・スタッフもみんなセンサフォニクスを使っている。」ガガのような大規模なツアーをする時には信頼が一番大切になってくる。「センサフォニクスはいつも大変協力的でよく助けてもらっている。」

 

The day before mixing Lady Gaga’s headlining show at Lollapalooza in Chicago, monitor engineer Ramon Morales stopped by Sensaphonics headquarters to visit with founder and president . “I’ve been a huge fan of Sensaphonics several years now,” he states. “In fact, I pretty much insist on wearing the when I mix. I’ve tried just about everything out there, and there’s really nothing that can match it for sound quality and comfort. On , the whole band is on Sensaphonics, and most of the techs are wearing them as well.”

 

Morales began using Sensaphonics when working with another mega-star, Beyonce. “My first pair was the , and I could tell right away that the Sensaphonics design was different and better. The soft gel seals a lot better than the hard plastic molds, and the sound quality is great, very balanced and true,” he notes. “With earphones from other manufacturers, I usually have to use the output EQ to make them sound good. But Sensaphonics just sounds better, smoother. Everything’s there, so I don’t have to do anything to make them sound great. I don’t have to do anything but mix.”

 

 

In terms of hearing protection, Morales sees a major advantage to Sensaphonics soft-gel silicone construction. “It’s not just a comfort thing,” he explains. “The silicone gives better isolation than anything else, which keeps everything you don’t want out of the mix. That means you don’t have to push the volume so hard. It’s like lowering the noise floor, which gives you a clarity you can’t get any other way. Any good sound engineer can relate to that.”

 

Another important factor in providing earphones for a large tour like Lady Gaga is reliability. “When you are on the road trying to keep eleven musicians and the tech crew happy, support is a big thing,” says Ramon, “and that’s been a big positive with Sensaphonics. They’re always ready to help, whether it’s spare cables, new earphones or whatever. When you have a great product and the factory support to match, you can’t ask for more than that.”

 

 

Based in his hometown of Houston, Ramon Morales has been in pro audio for 15 years now, 11 of those on major tours. His job history reads like a “who’s who” of female stars of the past decade or so, dotted with names like Mary J. Blige, Mariah Carey, Patti LaBelle and Michelle Branch. “As you can tell, it seems to be a lot of R&B and pop, so I guess I have a reputation,” says Ramon. “I’ve been really fortunate to work with these artists. I try to give them the best sound I can, and that means Sensaphonics ears.”

 

 

シカゴのロラパローザで行われるレディー・ガガの主演ショーの前日、モニター・エンジニアのラモン・モラルスはセンサフォニクスの本社で、センサフォニクスの創設者であり代表であるマイケル・サントゥッチ博士を訪問しました。

「俺はもう何年もセンサフォニクスの大ファンだ。」彼は言います。

「実は、ミックスをする時に2MAXを使用する事に固執しているんだ。市場にある他社のイヤモニのすべてを試したけれど、音質と着け心地の良さで敵うものはないね。レディー・ガガでは、バンドメンバー全員がセンサフォニクスだよ。技術者の大半もね。」

 

モラレスは他のメガスター、ビヨンセと仕事をする時もセンサフォニクスを使い始めました。「俺の最初のイヤモニは2XSだった。すぐにセンサフォニクスのデザインには違いがあってより良いと思ったよ。柔らかい(シリコン)ジェルが硬いプラスチックの型よりもずっと良かったし、音質のバランスが良くて本物で素晴らしかった。」

彼は言います。「他社のイヤホンは通常、出力EQを使用して音を良くする必要がある。でもセンサフォニクスのモノはただただ音質がより良くてスムーズなんだ。全部が揃っているから、音を良くするために何かをしなくていいんだ。ただミックスだけすればいい。」

 

聴覚保護の観点からすると、モラレスはセンサフォニクスの柔らかいシリコン製の構造に一番大きなアドバンテージを見い出します。「着け心地の良さだけじゃない。」彼は言います。「シリコンは他の何よりも遮断性が高いから、ミックスに必要のない音すべてをシャットアウトできる。つまり、モニターのボリュームをそんなにあげる必要がないんだ。やかましい床を引き下げるようで、他の方法では得られない音の鮮明さをくれる。腕のいいサウンド・エンジニアならすぐ分かるはずだよ。」

 

レディー・ガガのような大規模なツアーに提供するイヤモニについてもうひとつの重要な要素は、信頼性です。

「外で11人のミュージシャンと技術スタッフをハッピーにさせておくのには、サポートが大きい。」

ラモンは言います。「そしてセンサフォニクスはとても素晴らしいよ。ケーブルの予備だったり、新しいイヤモニだったり、なんにしても、いつだって助けてくれる準備ができている。素晴らしい商品があってサポートも同じように素晴らしかったら、それ以上望むものはないね。」

 

地元のヒューストンを拠点にして、ラモン・モラレスは15年間プロの音楽業界にいますが、そのうちの11年間は大規模なツアーでした。彼の職歴を見ると、過去10年ほどにおよぶ女性スターの人物録のようです。その中に、メアリー・J.ブライジ、マライア・キャリー、パティ・ラベル、ミッシェル・ブランチなどの名前があります。

「知っていると思うけど、たくさんのR&B やポップだね。俺(の仕事)には好評があると思うよ。」

ラモンは言います。「これらのアーティストたちと働く事ができてとてもラッキーだ。彼女達には俺のできる限り最高の音を届けたいよ。つまり、センサフォニクスのイヤモニだね。」

 

合わせて読みたい関連記事

  • Luke Bryan rocks the house with Sensaphonics 2MAX 「私たちはセンサフォニクスの大ファンだ」とエドは言う。「音の質がすばらしい。最も使い心地のいいイヤモニだ。ルークはあれなしにはステージに上がらない。私も同じ気持ちだ。」シリコンの […] Posted in Artist, Technical
  • All Time Low on Future Hearts Tour with Sensaphonics IEMs オール・タイム・ローがセンサフォニクスのイヤモニとともにツアーを開始 バルティモアが拠点のパンク/ポップバンド。センサフォニクスのイヤモニを8年使用中。以前は別の会社の […] Posted in Artist, Technical
  • Sensaphonics 2MAX powers Emeli Sandé on tour エミリー・サンデー スコットランド出身のシンガーソングライター、エミリー・サンデーはファン達を急速に増やしていて、ハードなスケジュールのツアーをこなしているパワフルなボーカ […] Posted in Artist
  • Monitor engineer Conor Dillon relies on Sensaphonics 2MAX ツアーをするアーティストと働く若いモニター技師にとって、信頼のおけるイヤモニを持っている事は成功への鍵です。モニター技師コナー・ディロンはセンサフォニクスの2MAXを信頼していま […] Posted in Best Select, Technical
  • Coldplay Living the Life on tour with Sensaphonics クリス・ウッドは2000年からずっとコールドプレイのモニター・エンジニアを担当している。4人のバンドメンバーすべてがセンサフォニクスの2MAXを使用している。「センサフォニクスの […] Posted in Artist

Comments are closed.