NEWS PHONIC

NEW RELEASE MMCX CABLE

Sensaphonics IEMシリーズに待望の新型リケーブル発売!

Sensaphonics のカスタムIEMシリーズは2004年の日本上陸当初から、常にステージユーズにこだわり、現場にそくしたグレードアップの技術開発を行ってきました。その為、技術がありながらも、従来の簡易な「取り外しが出来るだけ」のリケーブルを販売する事を避けて来ました。そして今年、長い研究と MMCX ケーブルの小型化により、プロの現場でもイヤモニ本来のパフォーマンス性を発揮できるリケーブル・モデルが完成しました。

 

パフォーマンス性を保つ3つの新要素!

1、着脱部にステンレスワイヤーを搭載!

ステンレスワイヤーを耳回りのケーブル内に組込み、自由にケーブルを曲げて耳へのフックを作りだし、確実に固定することが出来きます。これにより、ケーブルの断線を防ぎ、パフォーマンス時にケーブルが耳元で暴れる問題を解決しました。

2、MMCX 着脱ジャック プロユーズを念頭に調整

Sensaphonics 製 MMXC ケーブルは、間違ってもライブ中に外れてしまうようなケースが無いように考慮され、米国でプロミュージシャン、エンジニアを交えて、実験を繰り返し実施し、その効果を実証しました。

3、劣化防止機能!

従来のリケーブルに比べ汗が侵入しないため、イヤモニの故障や、音の変化、ケーブルの劣化を少なくしました。

 

 

品質に拘るからこそ避けていたリケーブル

~そして生まれた新型リケーブルの開発秘話~

Sensaphonics のイヤモニはプロユーズにこだわり、現場でのトラブルの少ない製品品質を保ってきました。従来の交換ケーブルは、単に交換できるという点だけで開発された為、その固さゆえに、耳に巻きつかせるようなラインがとりにくく、特に激しいライブではイヤモニ本来のパフォーマンス性が保てないと言う問題があり、ステージ上への導入は避けていました。ケーブルの重量は、その重さにより本体が引っ張られる為、本来イヤモニの強みであるフィット感を緩めたり、パフォーマンス中に外れたりする問題が発生します。その為、従来はケーブルを軽量化する事により、ケーブルが原因による不具合の発生しにくい方式とっていました。
しかし、ケーブルは傷みやすく、不具合が発生しやすいパーツです。モールドとケーブルが一体型の場合は、故障などに素早い対応が出来ない問題がある為、イヤモニ本来の強みである、パフォーマンス性を保ったままリケーブルを開発出来ないかと、研究を続けてきました。MMCX のケーブルがカスタムイヤモニへ導入されるきっかけとなったのは、同じシカゴに本拠を持つシュア社と Sensaphonics 社との深い関係性です。開業当初より技術提携と人的交流を繰り返しており、今回のMMCX ケーブルについても、開発当初から協力して完成へたどり着きました。外観的には従来と同じ同軸ケーブル型ですが、現場の為に開発されたその品質は、パフォーマンス時に感じるフィットの安定感と、緊急時にもすぐに対応できる安心感が物語っています。

 

プロのイヤモニに求められる4つのパフォーマンス性

1、使用者の聴力を守る・・・・・・・・・・・・・高遮音性能

2、長時間使用による耳への痛みをなくす・・・・・柔らかいフィット感

3、操作(MIX)しやすいフラットサウンド・・・・モニターバランス

4、故障・断線が少ない・・・・・・・・・・・・・耐久性、使い易さ

 

今回のMMCXケーブルは上記4.の要件のグレードアップです。MMCXケーブルの登場により交換の利便性が高められました。

プロの現場では待ったなし!です。スペアケーブルを常備することにより本番直前のアクシデントでも、〈その場で〉〈誰でも〉〈簡単に〉交換をすることが出来ます。予想できないケーブルトラブルをこれでケアーすることができるようになりました。

 

〇汗に対する対応もOKです。汗の侵入によるジリジリ音の発生がありません。

〇ケーブルのロックの確実性・堅牢性は驚くべき安定を示しています。

〇演奏中に不用意な「外れ」は全く心配ありません。

 

MMCX リケーブル加工料(ご希望の場合の追加オプション加工になります)
12,000円(MMCXケーブル1本分を含む)(税抜き)

MMCX ケーブル(単品)
7,800円(税抜き)

※なお、耳の大きさが小さい方の場合、MMCX 加工が出来ない場合がございます。その場合、リケーブルではない従来のノーマルケーブルの仕様、あるいはリケーブル加工が出来る商品(ドライバー数の少ない製品)のご提案をさせて頂くことがございます。

 

合わせて読みたい関連記事

  • 【BARKS】 CONTENTS -IN EAR MONITOR-2XS [Review]【BARKS】 CONTENTS -IN EAR MONITOR-2XS [Review] 音楽作品を邦楽・洋楽問わず紹介している日本最大級の音楽総合情報サイト【BARKS】に、Sensaphonicsのシリコン製イヤモニター2XSの紹介・解説の記事が掲載されました。 […] Posted in Topics, Technical, Report
  • Headphone Festival 2016 In Autumn このエキシビションは主にポータブルオーディオの見本展示会で一般の人が直に最新の機器類に触れ、試聴もすることができるイベントで、最新の機種や各メーカーからの新製品が発表される展示会 […] Posted in Topics
  • Move InterLockMove InterLock センサフォニクス・ジャパン・ラボが開発。世界に向けて発進。 センサフォニックスでは外耳道の密閉性、変形の問題の解決策として2001年から、固いアクリル製のIEMから、メディカル […] Posted in Best Select, Technical
  • Mercure des Arts Contents   クラッシックの音楽評論WEB誌”メルキュール・デザール”に、編集長の丘山万里子さんのご自身の突発性難聴の体験を元に、騒音性難聴の問題について警告と提案を評する記事が掲載されました […] Posted in Best Select, Topics, Technical, Safe Ears, Report
  • Superior Sensaphonics Isolation – now documented! 業界初。独立したテスト研究所がセンサフォニクス社製のイヤモニターの驚くべき広周波数帯域における遮断性能を実証。オクターブ・バンド・テストにおいて全ての周波数で平均34dBの減衰。 […] Posted in Best Select, Topics, Technical, Safe Ears, Report

Comments are closed.