NEWS PHONIC

Michael Santucci to address World Health Organization conference

11億の若者の耳が危険にさらされている!? マイケル・サントゥッチ博士、WHOジェノヴァ会合に招待される

2015年10月1日と2日に、スイスのジェネヴァでWHOとITUの連携による会合が行われました。この会合は、WHOの掲げる「リスニングを安全にしよう」という構想の一部として、研究者、聴覚学者、音響技師、オーディオ機器やヘッドホン・イヤホンの製造者、製造者の関係者、そして市民団体が参加しました。娯楽としてのリスニング中における安全でない音のレベルへの露出を軽減する為に、メカニズムとテクノロジーの可能性を探求します。この会合は、安全なリスニングの実地について注意を喚起し、娯楽のリスニングに使われている機器の安全機能についての現在の知識を見直し、安全なリスニング機器についての共通のヴィジョンに到達する事を目的とします。

「安全な音のスペシャリスト」として知られるSensaphonicsの創業者であり代表者であるマイケル・サントゥッチ博士は、この世界的な会合に招かれました。「世界的な場において難聴保護についての私の意見と経験を分かち合えるという事は、私のキャリアの中で一つのハイライトにあたります。」とサントゥッチ博士は語ります。

 

Chicago, IL – September 16, 2015) Sensaphonics, the music industry leader in hearing wellness technology and innovation, is pleased to announce that company founder and President, Dr. Michael Santucci, has been invited to address a global conference on hearing health. The WHO-ITU Joint Stakeholders’ Consultation on Safe Listening Devices is part of the WHO “Make Listening Safe” initiative, and will take place in Geneva, Switzerland, October 1-2, 2015.

The event is a joint effort of two United Nations agencies: the World Health Organization (WHO) and International Telecommunications Union (ITU). According to the WHO, an estimated 1.1 billion young people are at risk of early hearing loss. The conference will examine a wide range of perspectives on best practices and technology to promote safe listening, and will explore mechanisms and technology to reduce exposure to unsafe sound levels in personal audio devices. Attendees include researchers; audiologists; sound engineers; manufacturers of personal devices, earphones, and headphones; and civil society organizations.

“I am thrilled to attend this conference, and honored to be invited to speak to this select group of stakeholders in the area of safe listening practices and technology,” says Dr. Santucci. “Having the opportunity to share my perspective and experience in hearing loss prevention on a global stage is another career highlight for me.”

Known as “the experts in safe sound” for their focus on hearing wellness, Sensaphonics designs and manufactures custom in-ear monitors and hearing protection devices for the music industry. Under Santucci’s leadership, the company has worked raised awareness of hearing health issues in the music industry through education and innovative products since its founding in 1985.

The WHO focuses on international public health issues, while the ITU is concerned with issues related to information and communication technologies. Both U.N. agencies are headquartered in Geneva, Switzerland.

For more information on the conference, please visit the WHO conference website.

 

Michael-Santucci_2012_WEB

サントゥッチ博士がWHO会議に招かれた 2015/10/1-2  by Sensaphonics

聴覚の安全な技術と発明における音楽業界のリーダーであるセンサフォニクスは、会社の創設者であり代表者のマイケル・サントゥッチ博士が聴覚の健康に関する世界的な会合に招かれたということを発表させていただきます。この度WHOとITUが共同で行う、安全に聴くための機器についての出利害関係者の会合は、WHOの「リスニングを安全にしよう」という構想の一部であり、2015年10月1日、2日にスイスのジェネヴァで行われます。

このイベントは国連の二つの団体, World Health Organization (WHO)とInternational Telecommunications Union (ITU)が協力して実現します。WHOによると、約11億人の若者が難聴の危険にさらされています。この協議会は安全なリスニングを促進するために最も適した実施と技術についての幅広い全体像を調査するものです。そして、個人がオーディオ機器の危険な音のレベルにさらされるのを軽減するためのメカニズムとテクノロジーを調査します。参加者は、研究者、聴覚学者、音響技師、個人の使うイヤホンやヘッドホンの製造者、そして市民団体です。

「私はこの会合に出席することにわくわくしています。そして、安全なリスニングの実地と技術という分野の中で選ばれた利害関係者にお話しするために招かれた事を光栄に思います。」サントゥッチ博士は言う。「世界的な場において難聴保護についての私の意見と経験を分かち合えるという事は、私のキャリアの中で一つのハイライトにあたります。」

聴覚の健康に焦点を当てる事で、「安全な音のスペシャリスト」と知られるセンサフォニクスは、音楽業界のためにオーダーメイドのイヤモニと聴覚保護の機器をデザイン・製造しています。サントゥッチ博士のリーダーシップの元、センサフォニクスは1985年の創業以来、教育と革新的な製品で音楽業界における聴覚の健康に関する問題を喚起してきました。

WHOは国際的な公共の健康に関する問題に焦点をあてています。一方でITUは情報とコミュニケーションのテクノロジーに関する問題に関わっています。両者とも本部はスイスのジェネヴァにあります。

 

 

 

合わせて読みたい関連記事

Comments are closed.