NEWS PHONIC

Fleetwood Mac Unleashed for major spring reunion tour

 

5年ぶりに「ルーモア」の頃の顔ぶれでミック・フリートウッドとスティーブ・ニックスと、リンジィー・バッキングハム、そしてジョン・マックビーが「フリートウッド・マック」を再結成しました。グループは最近新しいアルバム「アンリーシュト」を引っさげて3ヶ月のアメリカツアーを開催しました。音響エンジニア、レイチェル・アドキンスがツアーで使用する2XSとdBチェッカーについて語っています。

For the first time in five years, Fleetwood Mac has reunited, with Mick Fleetwood, Stevie Nicks, Lindsey Buckingham and John McVie from the classic Rumoursera lineup. The group recently embarked on a threemonth U.S. tour in support of its new best-of CD, Unleashed. During the group’s pre-tour rehearsals, company president Dr. Michael Santucci was flown out to L.A. to take ear impressions and advise the group. “Stevie Nicks is a huge fan of the ProPhonic 2X-S,” explains Rachel Adkins, “so when it was time to get earphones, we called Michael.” Adkins handles all the in-ear mixes for the band, splitting monitor engineering duties with Ed Dracoulis. Adkins, who stopped by Sensaphonics during the group’s recent 2-day run in Chicago, is a big fan of the Sensaphonics dB Check in-ear sound level analyzer as well. “I love using it as a reference, so I know exactly how loud my artist is listening to the in-ear mix,” she explains. “I run a dB Check at the console during the show so I can see how loud it’s getting.” To do this, Adkins sets up an extra IEM pack, matching the artist’s level and patch. “During sound checks, I put the dB Check in Mic Mode and hang it from the mic stand to see how loud it is acoustically, right where the artist is standing. I love it!”

 

グループのツアー前のリハーサル中に、センサフォニクス代表のマイケル・サントゥッチ博士がLAに飛び、彼らの耳型を採取し、グループにアドバイスしました。

「スティーブ・ニックスがプロフォニック2XSの大ファンなの。」レイチェル・アドキンスが言います。

「だからイヤモニを作る必要の時が来たので、マイケルに電話したの」。

アドキンスはバンドのイヤモニ・ミックスをすべて担当し、モニター・エンジニアの仕事はエド・ドラコーリスとしています。

アドキンスは最近シカゴで行われた2日間のショーの間にセンサフォニクスを訪れました。

彼女はセンサフォニクスのdBチェック・サウンド・レベル検知器の大ファンです。

「私のアーティストがイヤモニ・ミックスを実際にどれくらいの音量で聴いているのかが解るから、これを参考にして使うのが大事なの。」

彼女は言います。「ショーの最中はdBチェッカーを操作卓(コンソール)のところで使うと、どれくらい音が大きくなってきているのが解るの。」

そうする為に、アドキンスはもう1つのイヤモニ装備をセットアップし、アーティストのレベルとの修正に合わせています。

「サウンド・チェックの時にはdBチェックをマイク・モード(騒音計モード:その場のエアー音量が測定できる)にして、アーティストの立っているマイクスタンドからぶら下げるの。そうすると音響的に(アーティストの立っているその場所が)どれくらいの音量かが分かるわ。素晴らしい!」

 

合わせて読みたい関連記事

Comments are closed.