NEWS PHONIC

Queen Cora Dunham/talk about 3D Active Ambient

ビヨンセのドラマー、コーラ・ダンハム3Dアクティブ・アンビエントを語る

センサフォニクスは現在ビヨンセとツアーをしているドラマーの女王コーラ・ダンハムとの対話を分かち合えることを喜ばしく思います。「私は2007年にプリンスにいたときにセンサフォニクスを使い始めたの。」彼女は言います。「それ以来ずっと使っているわ。素晴らしいシステムで多目的で着け心地がいいの。普通のイヤモニよりずっといいわ!」

It’s Good to Be The Queen

Sensaphonics is pleased to share this conversation with drummer Queen Cora Dunham, currently on tour with Beyoncé. “I started using the Sensaphonics 3D in 2007 when I was with Prince,” she says, “and I’ve been using them ever since. It’s an amazing system, so versatile and comfortable – much better than regular in-ears!”

The patented 3D Active Ambient uses embedded microphones to capture the on-stage sound surrounding the wearer, allowing the performer to hear everything around them while their ears remain safely and securely isolated. The Queen finds that she uses a variety of ambience settings, depending on the situation.

“There are certain things I have to hear, like audience response. Other times, I like having the option of complete isolation. So I experiment with it and use different settings for different shows,” she says. “Usually, I run about 25 or 30 percent ambience along with my full mix, so I’m hearing my drums straight from the 3D mics. I also use the Full Ambient mode on solos so I can hear myself, just pure and acoustic, which sounds fantastic. I love that about the 3D.”

A self-proclaimed Southern girl from Houston, Queen Cora Dunham got her music industry start in Los Angeles after graduating from Howard University in Washington, DC. “I had gone to the IAJE jazz educators conference and met some A-list drummers like Ricky Lawson and Ndugu Chancler,” she recalls. “They talked me into staying for the NAMM show, which made me appreciate L.A. even more. After not getting into Julliard’s Jazz Studies program, I just decided to go for it and worked on establishing myself in L.A. until it didn’t matter where we lived anymore. Now Josh (Prince bassist Josh Dunham) and I are back in Houston.”

Queen Cora raised her U.S. musical credentials in the 2002 national Guitar Center Drum Off, winning the grand prize of a Jeep Liberty over 5,000 other entrants. “That was quite a thing,” says Queen Cora. “I had no vehicle at the time and was actually renting cars to get my drums to gigs around L.A. So that was the motivation. The competition was really strong, so to actually win… It was really a specific prayer being answered. I still have that jeep, and I will always be thankful for it.” 

The Queen also carries the unique distinction of being the only drummer to play the Super Bowl twice – with Prince in 2007 and Beyoncé in 2013. “As far as I know, I think I’m the only drummer that’s played it twice,” she notes with a grin. “And I was using the 3D system both times. So Sensaphonics is a part of my little claim to fame. Ha!”

Another distinction Queen Cora has is being a member of Beyoncé’s all-female touring band, the Suga Mamas, all of whom wear Sensaphonics earphones. “It’s nice to work with someone who is that cutting-edge, always pushing the envelope for creativity,” says Queen Cora. “Beyoncé is committed to creating positive role models for young girls, which is something I definitely advocate. It’s an honor to be playing with such talented women.”

Her work with Beyoncé will keep Queen Cora busy through the end of 2013. The band’s schedule includes three weeks in South America, followed by a month in Australia and New Zealand. The year concludes with a month of North American dates leading up to Christmas. Through it all, Queen Cora Dunham will be using her Sensaphonics 3D, on stage and off. “I love using them on airplanes, or even attending a concert,” she says. “I like the option to completely isolate, or to just set the ambience to the volume I want. There’s nothing else like it.”

Queen Cora also runs her own music and media company, VIVO Club, Inc. She is completing her third book as an author, and also hosts online webinars. You can follow The Queen – and Sensaphonics – on Twitter.

センサフォニクスは現在ビヨンセとツアーをしているドラマーのクイーン・コーラ・ダンハムとの対話を分かち合えることを喜ばしく思います。

「私は2007年にプリンスにいたときにセンサフォニクスを使い始めたの。」と彼女は言います。「それ以来ずっと使っているわ。素晴らしいシステムで多目的で着け心地がいいの。普通のイヤモニよりずっといいわ!」

 

特許権のある3Dアクティブ・アンビエントはマイクが埋め込まれていてステージ上の音をキャッチし、アーティストの耳を安全に隔離すると同時に周りのすべての音を聴く事ができます。クイーンは状況に合わせて様々なアンビエント機能を使い分けます。

 

「観客の反応など聴かなければならないものがあるの。でも完全な(会場音との)隔絶が欲しい時もあるわ。だから私はショーによって違う設定にするの。」

彼女は言います。

「通常はフル・ミックスと一緒に25〜30%の観客音を聴いているから、3Dミックスから直接自分のドラムを聴いているの。ソロの時はフル・アンビエントモードにすると自分の音が聞こえるの。とても純粋でアコースティックでファンタスティックよ。そこが3Dの大好きなところ。」

 

ヒューストン出身の自称南部の娘、クイーン・コーラ・ダンハムはワシントンのホワード大学を卒業した後ロサンジェルスで音楽を始めました。「IAJEジャズ教育会議に参加して、そこでリッキー・ローソンやンドゥグ・チャンクラーなどトップ・ドラマーと知り合えたの。」

彼女は振り返ります。彼らは私にNAMMショーに残るよう説得してくれて、LAをもっと好きになったわ。ジュリアードのジャズ・プログラムに入学できなかった後、もうただやってみようと思って、LAで身を立てたわ。どこに住んでいるか問題でなくなるくらい。今はジョッシュ(プリンスのベーシスト、ジョッシュ・ダンハム)とヒューストンに帰ったわ。」

 

クイーン・コーラは2002年にギター・センター・ドラム・オフで5000人の中からジープ・リバティ賞を受賞し、アメリカでの音楽的信用度を上げました。

「あれはすごいことだった。」

クイーン・コーラは言います。

「あの頃は車を持っていなかったから、LA中のギグにドラムを運ぶためにレンタルしていたの。だからそれがモチベーションだったわね。コンペティションは激しかったわ。その中で本当に受賞するなんて…、特別なお祈りが届いたのね。そのジーブは今でも持っているけど、いつまでも感謝するわ。」

 

クイーンはスーパー・ボールで二回演奏したただ一人のドラマーである点でもユニークな栄誉を持っています。

一度目は2007年にプリンスで、二度目は2013年にビヨンセでした。

「私が知る限り、二回演奏したドラマーは私一人だと思うわ。」

彼女はにやりと笑って言います。

「そして二回とも3Dシステムを使ったわ。だからセンサフォニクスは私のささやかな名声の一部であるわけね。あは!」

 

クイーン・コーラの他の名誉はビヨンセのツアー・バンド、シュガー・ママズでの唯一の女性メンバーであるということです。

メンバー全員がセンサフォニクスのイヤモニを使っています。

「いつもクリエイティブに革新を続けている最先端の人と働くのはいいことだわ。」

クイーン・コーラは言います。

「ビヨンセは若い女の子達のポジティブな模範者であろうとしているわ。私は絶対的に支持をするわ。あんなに才能のある女性と一緒に働けるなんて名誉な事だわ。」

 

ビヨンセとの共演でクイーン・コーラは2013年の末まで忙しくしています。バンドはアメリカ南部で3週間、その後オーストラリアとニュージーランドで1ヶ月のスケジュールです。

今年はクリスマスのアメリカ北部で行われる1ヶ月の公演で締めくくられます。

すべてを通して、クイーン・コーラ・ダンハムはステージ上でもそれ以外でもセンサフォニクスの3Dを使います。

「飛行機で使うのも好きだし、コンサートに行く時に使うのも好き。」と彼女は言います。

「完全な隔絶のオプションがあるのが好き。それに私の欲しいボリュームで観客音を聴く事も。こんなもの他にないわ。」

 

クイーン・コーラはVIVO Clubという自身の音楽・メディア会社も運営しています。作家として3冊目の本を書き終えつつあり、オンラインセミナーも主催しています。

 

合わせて読みたい関連記事

Comments are closed.