Your browser (Internet Explorer 6) is out of date. It has known security flaws and may not display all features of this and other websites. Learn how to update your browser.
X

フォープレイのギタリストにしてj-phonic「k2」のユーザー、チャック・ローブが7月31日に逝去

2017.08.03 Our Thoughts And Prayers Are With Chuck Loeb

スムーズジャズ/フュージョン界の大御所スーパーグループ、フォープレイ。そのメンバーの1人としても有名な、ギタリストのチャック・ローブが2017731日、がんのためニューヨークで逝去しました。享年61歳。この数年は闘病しながら活動を続け、2016年にはニュー・アルバムもリリース。闘病中とは思えぬ、軽快で広がりのある極上サウンドを届けてくれていました。

Read more

フォープレイのピアニスト、ボブジェームズが j-phonicK2 を利用してワールドツアーを開始しました。彼への単独インタビューが実現しました。

2011.02.14 FOUR PLAY Interview — to Bob James about j-phonic k2

来日中のフォープレイが J-phonic K2 を利用して日本ツアーを皮切りにワールドツアーを始めました。メンバーの四人と担当の音響エンジニアの5人へのインタビューが実現できました。最初に登場してくれたのは、〝世界最高峰〟という言葉に世界中の誰もがうなずくジャズピアニストのボブ・ジェームズです。

Read more

世界的なベーシストとして知られ、フォープレイのメンバーとして来日したネイサン・イーストが j-phonicK2を利用してワールドツアーを開始。イヤモニについてインタビューが実現しました。

2011.02.14 FOUR PLAY Interview — to Nathan East about j-phonic k2

フォープレイのベーシスト、ネイサン・イーストが j-phonic k2 を利用してワールドツアーを開始しました。イヤモニを使った感想など彼へのインタビューです。

Read more

フォープレイのピドラマー、ハービー・メイソンがj-phonicK2を利用してワールドツアーを開始しました。彼へのインタビューです。

2011.02.14 FOUR PLAY Interview — to Harvey Mason about j-phonic k2

世界を代表するドラマーハービー・メイソン。Sensaphonics 2XSの愛好者でもある彼が、j-phonic k2を利用してライブを演奏。他のメンバーともども同じK2でワールドツアーをスタートしました。

そもそものつながりはセンサフォニクスのカスタム・イヤモニを9月にアメリカの自宅に届けたことから始まります。そのとき、まだジェイフォニックは誕生していませんでした。12月に日本に来た際にジェイフォニックを紹介すると、「カスタムとほとんど変わらない。バックアップとして十分に使える」という評価をもらいました。

Read more

フォープレイの新参加のチャック・ローブがj-phonicK2を利用してワールドツアーを開始しました。彼へのインタビューです。

2011.02.14 FOUR PLAY Interview — to Chuck LOEB about j-phonic k2

4人の中では、イヤモニとの付き合い方が一番ユニーク。外の音を少し入れたいために、わざと小さめのイヤーチップを使うという裏技を説明してくれました。イヤモニを経験したことがないのに、次の日のブルーノートのステージからいきなり、ジェイフォニック使いました。ギターと同じ色に揃えたグリーンのイヤモニが決まってます。

Read more

2011.02.14 フォープレイのサウンド・エンジニアの通称ケニー・フリーマンンがj-phonicK2を用いてフォープレイのワールドツアーをスタートしました。イヤモニターを知り尽くした彼へのインタビューです。

2011.02.14 FOUR PLAY Interview — to Sound Engineer Ken FREEMAN about j-phonic k2

一流のサウンド・エンジニアとして、ほとんど全てのイヤモニを使ってきた通称ケンのコメントは、われわれジェイフォニックにとっても貴重なものです。ユーモアを交えながら、ジェイフォニックの遮音性、軽さ、疲れのなさ、音の確かさについて、的確にコメントしてくれました。

Read more