Your browser (Internet Explorer 6) is out of date. It has known security flaws and may not display all features of this and other websites. Learn how to update your browser.
X

ムーブインターロック機構

Move InterLock

センサフォニクス・ジャパン・ラボが開発。世界に向けて発進。

センサフォニックスでは外耳道の密閉性、変形の問題の解決策として2001年から、固いアクリル製のIEMから、メディカルグレードの柔らかいシリコン製のIEMに全面的に変更し対応してきました。しかし、ボーカリストなどの外耳道は、顎の動きにより変形を繰り返しています。カナルの先端を特殊な加工により独特な形状にすることにより、シリコンがより柔らかく外耳道の変形と連動してフレキシブルに動くようになりました。それがMove InterLock(連動して動く)機構です。

Read more

【素晴らしいセンサフォニクスの音の隔離】が立証されました!

Superior Sensaphonics Isolation – now documented!

業界初。独立したテスト研究所がセンサフォニクス社製のイヤモニターの驚くべき広周波数帯域における遮断性能を実証。オクターブ・バンド・テストにおいて全ての周波数で平均34dBの減衰。8000Hzでは平均遮断性能がなんと45.5dBを記録しました。

Read more

ルーク・ブライアンとモニターエンジニアのエド・ジャニスゼウスキーがセンサフォニクスの2MAXを絶賛

Luke Bryan rocks the house with Sensaphonics 2MAX

「私たちはセンサフォニクスの大ファンだ」とエドは言う。「音の質がすばらしい。最も使い心地のいいイヤモニだ。ルークはあれなしにはステージに上がらない。私も同じ気持ちだ。」シリコンの機能を絶賛。最近オーランドで行われたコンサートでは、マイケルがバックステージでルークやその他メンバーの耳型を新たに採取。他の会社のいくつもドライバーの入ったイヤモニと比較しセンサフォニクスのものを絶賛。

 

Read more

インイヤーモニターにおける、シリコンがアクリルより優れている点

Advantages of silicone over acrylic in IEM design

アメリカのハーバード・メディカル・スクールに所属するブライアン・フリガー教授によると、「アクリルはシリコンの様にしっかりと500Hz以下の音を遮音しない。と言う事が解っている」 と発表しています。更にフリガー教授は、「アクリル製イヤモニのカナル部分(外耳道部分ー耳穴に入る部分)が短い場合、1000Hz以下の遮音はまれである。」 と述べています。(痛みの出やすいアクリル製はシリコン製に比べるとカナルが短い)

Read more

【BARKS編集部レビュー】Sensaphonics 2XSを知らずして、カスタムIEMを語るなかれ

【BARKS】 CONTENTS -IN EAR MONITOR-2XS [Review]

音楽作品を邦楽・洋楽問わず紹介している日本最大級の音楽総合情報サイト【BARKS】に、Sensaphonicsのシリコン製イヤモニター2XSの紹介・解説の記事が掲載されました。

Read more

エミリー・サンデー、2MAXでツアーを回る

Sensaphonics 2MAX powers Emeli Sandé on tour

エミリー・サンデー

スコットランド出身のシンガーソングライター、エミリー・サンデーはファン達を急速に増やしていて、ハードなスケジュールのツアーをこなしているパワフルなボーカルです。2009年からナンバーワン・シングルを3つ持ち、イギリスでいくつも受賞しました(2012年のクリティック・チョイスと2013年のイギリス・アルバム・オブ・ザ・イヤー)。サンデーは2012年ロンドン・オリンピックで始めて国際的場に現れ、開会式と閉会式の両方でパフォーマンスをしました。

Read more