NEWS PHONIC

Monitor engineer Conor Dillon relies on Sensaphonics 2MAX

モニター技師コナー・ディロンはセンサフォニクスの2MAXを信頼しています。

ツアーをするアーティストと働く若いモニター技師にとって、信頼のおけるイヤモニを持っている事は成功への鍵です。モニター技師コナー・ディロンはセンサフォニクスの2MAXを信頼しています。センサフォニクスのオーディオの正確さ、着け心地の良さ、フィット感、音の隔絶は多くのミュージシャンにとって安定した音を供給する鍵である事を例証します。

Cites Sensaphonics audio accuracy, comfort, fit and isolation as keys to providing consistent sound across multiple artists.

For a young monitor engineer working with several touring artists, one of the keys to success is having a trustworthy pair of IEMs. A 28-year old hailing from Ireland, Conor Dillon is currently on the road with ex-Boyzone singer Ronan Keating, and has also mixed monitors for recent tours by OMD (Orchestral Manoeuvres in the Dark) and FFS (Franz Ferdinand + Sparks). It was during the FFS tour last year that Conor has found his reference standard for in-ears: Sensaphonics 2MAX.

“I had been wearing customs the past few years, a top brand, and I thought they sounded fine,” says Conor. “But the fit was a bit awful, with very little isolation. So I did some research and asked around the industry for what to try next. It was clear that Sensaphonics was a company I needed to check out. I ended up talking with their audiologist, Heather Malyuk. She came down to our gig in Chicago with some products to try out and compare. I was blown away by the overall sound of the 2MAX, even the generic sample without custom molds. I just said straightaway, ‘Take my money. I want this product now.’ And I’m so glad I did.”

One thing that surprised Conor was the rich, studio quality sound that the 2MAX delivers. “I must admit, I was skeptical of what a dual-driver could deliver, because the first thing most people do is to brag about how many drivers they have,” he says. “But the 2MAX is actually fuller and richer than the sound I was getting. It’s flat and accurate like a studio reference sound.”

 

That accuracy is important to Conor Dillon, who experiences a range of mixing situations from tour to tour. “Most bands I work use a mixture of wedges and in-ears, some generic and some custom. The 2MAX gives me that neutral reference I need to mix them all accurately,” he says.

 

 

 

The other Sensaphonics difference that Conor Dillon appreciates is the isolation and comfort he gets from having silicone earpieces. “The soft silicone molds totally make a huge difference,” he says. “They are so isolating compared to my old ones, which let all sorts of outside sound in. With 2MAX, I can be right behind the PA stack and not have it affect me at all. Or I could be on a loud stage and walk around doing my line checks. People need to grab and shake me to talk because I can’t hear them. Which is something I love about them.”

Conor Dillon noticed one more advantage as soon as he tried on his 2MAX. “The comfort level is amazing. The ear canal portion of the earpiece goes in so much further than with acrylic earpieces that at first, I was concerned,” he recalls. “But that’s how they’re designed, so they keep sealed for great bass response. The silicone bends with your ear canal, so you can’t even feel them. Once they’re in, it’s like you’re not even wearing them.”

 

Another area of Sensaphonics expertise that Conor appreciates is hearing health. “This is a company that really cares about their customers,” he says. “From the way they design their products to their advice and knowledge, everything at Sensaphonics is about getting great sound while preserving your hearing. As a monitor engineer, I know that without my hearing, I’m done. So I really appreciate that.”

 

It comes as no surprise that Conor Dillon sings the praises of Sensaphonics to everyone he works with. “It’s just a much better approach to in-ear monitoring,” he says. “The 2MAX proves that a properly designed and fitted dual-driver sounds every bit as good, or better, than the IEMs with a bunch of drivers and multiple crossovers. And they don’t cost nearly as much. I recommend them to everyone I talk to. It’s really a no-brainer.”

28歳のアイルランド出身のコナー・ディロンは現在元ボーイゾーンの歌手ローナン・キーティングとツアーの最中です。そして最近ではOMD(オーケストラ・マヌーバ・インザダーク)とFFS(フランツ・フェルディナンド+スパークス)のツアーのミキシングもしました。コナーが彼のイヤモニの参照標準を見つけたのは去年のFFSツアーの時です:それはセンサフォニクスの2MAXでした。

「俺は過去数年カスタム・イヤモニを使っていた。トップバンドも俺もいい音だと思っていたんだ。」コナーは言います。「でもフィット感はちょっと悪かったな。音の隔絶がほとんどなくて。だからリサーチをして次に何を試そうか業界内で聞いて回ったんだ。センサフォニクスが試してみるべき会社だと言う事は明らかだった。俺は結局彼らの聴覚学者であるヘザー・マルヤックと話しをした。彼女は試してみて比べてみるためにいくつかの商品を持ってシカゴでの俺たちのギグに来てくれた。俺は2MAXの総合的な音質の高さにとっても驚いたよ。カスタム型でない一般商品でさえもね。俺はすぐに言った。『お金を受け取ってくれ。この商品が今すぐ欲しい』ってね。自分のやった事に満足だよ。」

 

コナーを驚かせたことの一つは、2MAXの供給するそのリッチでスタジオレベルの音質でした。「俺は認めなきゃいけないな。ドライバーが二つしか搭載されていないイヤモニにどんなことができるのか懐疑的だったんだ。だってほとんどの人が最初に自慢するのはいくつのドライバーが搭載されているかなんだ。」彼は言います。「でも2MAXは実際のところ俺が(それまで持っていたイヤモニで)得られていた音よりもより豊かだった。その安定した正確な音はさながらスタジオでのレファレンス音(基準音)だよ。」

その正確さは、ツアーからツアーへ幅拾いミキシングをしているコナー・ディロンにとって大切です。「俺が働いてきたほとんどのバンドは、ウエッジ(フットスピーカー:ころがし)とイヤモニの両方を使っている。一般品もあるし、カスタムもある。2MAXは俺が正確にミキシングするためにナチュナルなレファレンス・スタンダード(原音に忠実な基準的な音)を与えてくれるよ。」彼は言います。

 

コナー・ディロンが感謝するセンサフォニクスのもう一つの違いは、シリコンのイヤモニから得られる音の隔絶と着け心地の良さです。「柔らかいシリコンモールドには大きな違いがあるよ。」と彼は言います。「周辺からの音を取り込んでいた俺が前に使っていた他社の製品と比べると音の隔絶がすごい。2MAXを使っていると、スタックPA機材の真裏にいても全く影響されないんだ。それからうるさいステージにいてもラインをチェックしながら歩き回る事ができる。俺は全く聞こえてないから、みんな俺をつかまえて揺さぶらないといけないよ。それがセンサフォニクスのイヤモニの大好きなところだね。」

コナー・ディロンは2MAXを使い始めてすぐにもう一つの利点に気づきました。「着け心地の良さが素晴らしい。アクリル製のものよりもイヤモニが外耳道のかなり奥まで入るから、最初は心配したんだ。」彼は回想します。「でもそれはそういう風に設計されていたんだ。素晴らしい低音レスポンスのためにぴったりとふたをするようにね。シリコンが外耳道の中で曲がるから、シリコンを感じる事さえないよ。入れてしまえば、まるで何も着けていないようなんだ。」

 

センサフォニクスの専門性のその他の分野でコナーが感謝しているのは、聴覚の健康です。「この会社は消費者をすごく気にかけている。」彼は言います。「商品を設計する仕方や助言や知識に至るまで、センサフォニクスの全ては聴覚を保護しながら素晴らしい音を提供する事なんだ。モニター技師として、聴覚を無くせば俺は終わりだよ。 だからすごく感謝している。」

コナー・ディロンが一緒に働く全ての人々にセンサフォニクスを賞賛して回っている事は不思議ではありません。「まさしくイヤモニへのずっとより良いアプローチなんだ。」 彼は言います。「2MAXは、たくさんドライバーが詰め込まれていたり、多くのクロスオーバーのあるイヤモニよりも、的確に設計されていてフィット感のある二つのドライバーのイヤモニの方が音がより良いという事を証明しているよ。それからほとんど同じくらいしかお金もかからないしね。俺は話す人全てに推薦しているよ。考える必要がないほど明白だね。」

 

 

 

合わせて読みたい関連記事

  • Mixing or managing for Mike Posner, Robert Dugan is all-in with 2MAX グラミー賞にノミネートされたマイク・ポスナーのツアー・マネージャーとして働いていても、リクストンやミスターワイブスのようなグループのためにミキシングをしていても、ロバート・デュー […] Posted in Artist, Technical
  • Ramon Morales: Mixing Monitors for Lady Gaga レディー・ガガのモニター・エンジニア、ラモン・モラルスがセンサフォニクスについて語っています。「もう何年もセンサフォニクスの大ファンなんだ。ガガもバンドもテクニカル・スタッフもみ […] Posted in Topics, Artist, Technical
  • All Time Low on Future Hearts Tour with Sensaphonics IEMs オール・タイム・ローがセンサフォニクスのイヤモニとともにツアーを開始 バルティモアが拠点のパンク/ポップバンド。センサフォニクスのイヤモニを8年使用中。以前は別の会社の […] Posted in Artist, Technical
  • Luke Bryan rocks the house with Sensaphonics 2MAX 「私たちはセンサフォニクスの大ファンだ」とエドは言う。「音の質がすばらしい。最も使い心地のいいイヤモニだ。ルークはあれなしにはステージに上がらない。私も同じ気持ちだ。」シリコンの […] Posted in Artist, Technical
  • Sensaphonics 2MAX powers Emeli Sandé on tour エミリー・サンデー スコットランド出身のシンガーソングライター、エミリー・サンデーはファン達を急速に増やしていて、ハードなスケジュールのツアーをこなしているパワフルなボーカ […] Posted in Artist

Comments are closed.