NEWS PHONIC

Billy Cobham’s Art of the Rhythm Section Retreat

ビリー・コブハムの「リズムの芸術」リトリートを開催

伝説的なジャズ・フュージョン・ドラマーであり、作曲家でありバンドリーダーのビリー・コブハムがリズム部門のミュージシャン向けの大変ユニークな学びの機会を提供する事を発表しました。

 

Billy Cobham’s Art of the Rhythm Section Retreat

Legendary jazz fusion drummer, composer, and bandleader Billy Cobham has announced a truly unique learning opportunity for rhythm section musicians. From August 4-10, Cobham will stage “Art of the Rhythm Section,” an innovative musical retreat where he and his team will impart a lifetime of lessons learned in the world of rhythm. The location for this global first will be the picturesque Chateau Resort Bechyne, located 120 km south of Prague in the Czech Republic.

Having spent his career sharing his musical gifts within bands, Cobham has decided to share this knowledge with a select group of no more than 100 advanced rhythm section musicians, working intensively to instill key principles that will help each player to better succeed as an artist and band member. This promises to be a career-enhancing event, with five days of master classes focused on teamwork, listening, and playing.

In addition to Billy Cobham, who will organize and host the retreat, other faculty members include guitarist Dean Brown, pianist Gary Husband, and bassist Ric Fierabracci. Sound engineers Franz Erl and Ross Morgan, both of whom have worked extensively with Cobham, round out the faculty and provide technical support.

At Cobham’s invitation, Dr. Michael Santucci of Sensaphonics will address the group, expanding on the theme of “listening” to include the importance of hearing health. Based on his years as a clinical audiologist specialized in working with musicians, Santucci’s presentation will include the both technical and practical knowledge along with a lengthy Q&A session.

As Billy Cobham explains, “I felt that it would be tremendously valuable to educate our musician participants about hearing conservation, so we’re delighted that Dr. Michael Santucci will present this important information from an expert’s perspective.”

“Over the years, Billy and I have talked a lot about the importance of hearing to musicians,” says Santucci. “He definitely gets it, and it’s a testament to Billy’s grasp of the big picture that he wants to impart that knowledge to others. I’m very honored and excited to be included in this unique event.”

Cobham was an early adopter of in-ear technology, and appreciates both the musical and health benefits it offers when properly used. “Back in 1994 when performing with Peter Gabriel, I was introduced to the IEM monitoring concept,” he states. “I immediately saw the advantages of having access to a discriminative monitoring environment. Being able to identify with all musical contributors within the performance made me more secure in what I chose to contribute in the real time development of the group image. With Sensaphonics as part of my creative arsenal, I am at least two steps closer to a level of musical consistency that I would find difficult to achieve without use of the IEM system.”

Billy Cobham’s vision for “Art of the Rhythm Section” is to take advanced instrumentalists and provide them with a supportive, immersive opportunity for learning, growth, and camaraderie. Activities will include five days of lessons with Billy Cobham and his team, with lectures, discussions, video resources, and playing exercises. There will also be nightly jam sessions.

This retreat is intended for all rhythm section members – not just drummers! Attendees will work with faculty specializing in their instrument, and will also play in a cohesive rhythm section as a critical piece of this immersive learning environment.

The “Art of the Rhythm Section” Retreat will be limited to a total of 100 musicians and is now accepting applications. Candidates must supply a video audition and letter of recommendation for consideration, along with a deposit of 100 Euros (roughly $136) toward the 990€ tuition. Applications are being accepted now through July 1, and can be completed online. For full details, please visit the Billy Cobham’s Retreat website.

 

 

 

伝説的なジャズ・フュージョン・ドラマーであり、作曲家でありバンドリーダーのビリー・コブハムがリズム部門のミュージシャン向けの大変ユニークな学びの機会を提供する事を発表しました。8月の4日から10日までコブハムは「リズム部門の芸術」という革新的で音楽的なリトリート(リラクゼーション的な研修会)を行います。そこで彼と彼のチームはリズムの世界で生涯に学んだ事を分かち合います。この世界初の試みは、チェコ共和国のプラハから120km南に位置するシャトー・リゾート・ベチアンで行われます。

 

音楽的才能をバンドで発揮してきたキャリアを持つコブハムは、その知識を100人以下の選ばれたリズム部門のミュージシャンと分かち合う事に決めました。彼らがアーティストとして、また、バンドのメンバーとしてより成功をおさめられるよう、キーとなる原理を集中的に教え込みます。この機会は、チームワークと聴く事と演奏する事に的を絞った5日間のマスター講座で、キャリアに磨きをかけることを約束します。

 

このリトリートを企画し主催するビリー・コブハムに加えて、著名な他のメンバーは、ギターリストのディーン・ブラウン、ピアニストのギャリー・ハズバンド、ベーシストのリック・フィエラブラッチです。広範囲に渡ってコブハムと仕事をしてきたサウンド・エンジニアのフランツ・エールとロス・モーガンが、技術的サポートを担当し、メンバー達をまとめます。

 

ビリー・コブハムに招かれて、センサフォニクスのマイケル・サントゥッチ博士が「聴く事」というテーマを広げて聴覚の健康の重要性を参加者達に講義します。専門的にミュージシャン達と仕事をしてきた臨床聴覚学者としての長年の経験をふまえて、サントゥッチ博士はQ&Aセッションも交えて技術的・実践的なプレゼンを行います。

 

ビリー・コブハムは言います。「聴覚保護についてミュージシャンの参加者を教育する事は、大変に価値のある事だと思う。だから私たちはマイケル・サントゥッチ博士が専門家の視点から重要な情報についてプレゼンしてくださる事を喜ばしく思います。」

 

「長年にわたって、ビリーと私はミュージシャンにとって聴覚の大切さを話し合ってきました。」とサントゥッチ博士は語ります。「彼は本当に良く理解しています。ビリーが大局的にその知識を他の人たちと分かち合いたいというのはそれを証明しています。このユニークな企画に参加させて頂ける事をとても誇らしく感じ、わくわくしています。」

 

コブハムはイヤモニ技術の早期使用者であり、正しく使った時の音楽的、健康的な恩恵に感謝しています。「1994年にピーター・ガブリエルと演奏した時にイヤモニの概念を教えてもらった。」彼は語ります。「俺はすぐに(外部と)分離されたモニター環境で演奏する事の利点を見いだしたよ。パフォーマンスの中のすべての楽器の音を識別できる事で、プレイごとに進化していくグループの全体像にどう自分が貢献していくかを、より安心して選択する事ができるようになった。センサフォニクスを自分のクリエイティブな装備の一部として、俺は少なくとも二歩は音楽的一貫性に近づく事ができたが、それはイヤモニ・システム無しには成し遂げる事が難しいだろう。」

 

ビリー・コブハムの抱く「リズム部門の芸術」のビジョンは、上級な楽器演奏者達にサポートを与え、学び、成長、そして友愛を育む大きな機会を提供する事です。活動は5日間にわたり、講習、ディスカッション、映像教材、そして演奏の練習をビリー・コブハムと彼のチームで行います。夜のジャズ・セッションも開かれます。

 

このリトリートは、ドラマーだけでなくすべてのリズム部門の人たちに対して開かれます。参加者が各楽器に卓越した人々と過ごせることは、この素晴らしい学習環境の重要なポイントですが、彼らと共に一つにまとまったリズムセクションとしても演奏します。

 

「リズム部門の芸術」は、計100名のミュージシャン達に限定され、今参加者を募集しています。応募者は演奏の映像と、推薦状と990ユーロの参加費の保証金として100ユーロ(約139ドル)を送ってください。参加者は7月までに決定しつつあり、オンラインでも申し込めます。詳細については「ビリー・コブハムのリトリート」のウェブサイトをご覧下さい。

 

 

合わせて読みたい関連記事

Comments are closed.