NEWS PHONIC

Santucci and Frink to present “IEM Fundamentals and Safe Sound” at AES

音響学会大会で「IEMの基礎と安全な音」について、サントゥッチ博士と音響技師フリンクが講演

第141回音響学会大会(AES)が2016年9月29日~10月1日までロサンゼルス・コンベンション・センターで開催。マイケル・サントゥッチ博士、音響技師マーク・フリンク氏が音響学会大会で「IEMの基礎と安全な音」を講演しました。

要約:イヤモニは多くの恩恵を提供してくれますが、パフォーマーの聴覚を守る保証はどこにもありません。この議論は、聴覚保護を手助けするイヤモニにおける聴覚の生理学と原理を探求します。

 

Abstract:In-ear monitors provide many benefits, but there’s no guarantee they can save performers’ hearing. This discussion examines the physiology of hearing and fundamentals of in-ear monitoring that can help with hearing conservation.

 

 

 

At the upcoming Audio Engineering Society convention in Los Angeles, Sensaphonics founder and President, Dr. Michael Santucci, Au. D., will be joining legendary sound engineer Mark Frink for their presentation, “IEM Fundamentals & Safe Sound.” The session will take place Saturday, October 1st at 12 Noon on the Live Sound Events stage.

With their complimentary perspectives as audiologist and engineer, Santucci and Frink bring a powerful combination of knowledge and perspective on hearing health and touring sound. The information presented at this session, when properly implemented, will help engineers create a stage environment that is conducive to both high-impact, high resolution monitoring and long-term hearing wellness.

 

Dr. Michael Santucci is an internationally acclaimed audiologist and hearing conservation expert. He is co-chair of the AES Technical Committee on Hearing and Hearing Loss Prevention. His firm, Sensaphonics, Inc., is a leading manufacturer of custom in-ear monitors. An independent engineer and tech writer, Mark Frink is production manager and sound engineer for the Jacksonville Symphony. He has mixed major tours ranging from Zac Brown to the Three Tenors, and had done major events including the Super Bowl halftime show, the Pope at Giants Stadium, and the 1996 Olympics in Atlanta.

Live Sound Expo is a venue dedicated to sound reinforcement topics, and is part of the AES Convention. The expo stage is located on the convention show floor along with the manufacturer exhibits, and is free to all registered attendees. The 141st Audio Engineering Society convention takes place September 29 to October 1, 2016, at the Los Angeles Convention Center. For more information, CLICK HERE.

 

Mark Frink

Primary Affiliation: Program Coordinator/Stage Manager – Jacksonville, Florida, USA

Secondary Affiliation: Independent Engineer and Tech Writer – IATSE 115

 

Mark Frink earned his BA in Economics from UMass in 1982 while running a college sound company. The next decade was spent with Sun Sound Audio, founding the KF 850 User Network and touring with Crystal Gayle, Marshall Crenshaw, Suzanne Vega and 10, 000 Maniacs, as well as countless ‘one-offs.’

Joining Mix magazine in 1993 as its live sound editor, he continued working as an independent engineer, with projects including the Metropolitan Opera, the Pope’s visit to Giants Stadium, Tony Bennett’s ‘Unplugged’ tour, Atlanta Olympics basketball, assisting Pavaroti and the Three Tenors, monitors for Joni Mitchell’s symphony tour, a decade working with ATK at the Super Bowl and a decade mixing monitors for k.d. lang. After 4 years with Live Sound International magazine, Mark was Editor for Front of House for 12 months, followed by a couple years of mixing IEMs for Zac Brown Band. When not on the road, Mark does sound for the Jacksonville Symphony and writes.

Mark Frink Web Site

 

近々ロサンゼルスで開催される音響学会大会で、センサフォニクスの創設者であり代表のマイケル・サントゥッチ.Au.D博士は伝説的な音響技師マーク・フリンツとともに「イヤモニの原理と安全な音」をプレゼンします。セッションは10月1日土曜日正午にライブ・サウンド・イベントのステージで行われます。

彼ら(ミュージシャン)の聴覚学者と音響技師という賞賛すべき二つの視点で、サントゥッチとフリンクは聴覚の健康とツアーの音についての知識と全体像のパワフルなコンビネーションを引き出します。このセッションでプレゼンされる情報は、適切に履行されたとき、音響技師がインパクトの強い高品質なモニタリング、かつ長期的な聴覚の健康の両方を実現するステージ環境を作る事を手助けしてくれるでしょう。

 

マイケル・サントゥッチ博士は国際的に賞賛されている聴覚学者であり聴覚保護のエキスパートです。彼は、「聴覚と聴覚喪失回避」についての音響学会大会の技術委員会の共同議長です。彼の会社センサフォニクスはカスタム・イヤモニの主要なメーカーです。独立した技師でありテクニカルライターであるマーク・フリンクはジャクソンビル・シンフォニーのプロダクション・マネージャーであり音響技師です。彼はザック・ブラウンからスリー・テナーズに至るまで主要なツアーをミックスし、スーパーボールのハーフタイムショー、ローマ法王のジャイアンツ・スタジオ、そして1996年のアトランタ・オリンピックを含む大きなイベントを請け負ってきました。

ライブ・サウンド・エキスポは音を強化する話題に特化したベニュー(会場)で、音響学会大会の一部です。エキスポのステージはメーカー展示とともに大会ショーの階にあり、登録済みの全ての入場者に無料です。第141回音響学会大会は、ロサンゼルス・コンベンション・センターで2016年9月29日から10月1日まで開催されます。詳細はこちらをクリックしてください。

 

 

 

 

 

 

 

マーク・フリンク

主要な所属:アメリカ フロリダ州 ジャクソンビル。プログラム・コーディネーター兼ステージ・マネージャー

第二の所属:国際演劇被雇用者映画機器技術者同盟。独立した技師でありテクニカルライター

マーク・フリンクは大学のサウンド・カンパニーを運営しながら1982年にマサチューセッツ大学の経済学部を卒業しました。次の10年間はサン・サウンド・オーディオで過ごし、KF850消費者ネットワークを創設し、クリスタル・ゲイル、マーシャル・クレンシャー、スザンヌ・ベガ、10,000マニアックスとツアーをしました。数えきれないほどの「一回限りの仕事」もありました。

1993年にライブ・サウンド編集者としてミックス・マガジンに入りましたが、独立した技師としても働き続けました。その活動内容は、メトロポリタン・オペラ、ローマ法王のジャイアンツ・スタジオ訪問、トニー・ベネットの「アンプラグド」ツアー、アトランタ・オリンピックのバスケットボール、パヴァロティとスリー・テナーズの補佐、ジョニ・ミッチェルのシンフォニー・ツアーのモニター、10年間スーパーボールのATKとも働き、そして10年間k.d.ラングのミキシング技師でもありました。ライブ・サウンド・インターナショナル・マガジンで4年間働いた後、マークは12ヶ月フロント・オブ・ハウスの編集者でした。その後二年間はザック・ブラウン・バンドのイヤモニ・ミキシングをしました。ツアーに出かけていない時は、マークはジャクソンビル・シンフォニーのサウンドを担当し、執筆活動もしています。

合わせて読みたい関連記事

Comments are closed.