NEWS PHONIC

Sensaphonics 2MAX powers Emeli Sandé on tour

エミリー・サンデー、2MAXでツアーを回る

スコットランド出身のシンガーソングライター、エミリー・サンデーはファン達を急速に増やしていて、ハードなスケジュールのツアーをこなしているパワフルなボーカルです。2009年からナンバーワン・シングルを3つ持ち、イギリスでいくつも受賞しました(2012年のクリティック・チョイスと2013年のイギリス・アルバム・オブ・ザ・イヤー)。サンデーは2012年ロンドン・オリンピックで始めて国際的なステージに現れ、開会式と閉会式の両方でパフォーマンスをしました。

Scottish recording artist and songwriter Emeli Sandé is a powerful vocalist with a fast-growing fandom and a hard-charging tour schedule. With three #1 singles since 2009 and winning multiple Brit Awards (including 2012 Critic’s Choice and 2013 British Album of the Year), Sandé first came into global prominence at the 2012 London Olympics, performing at both the Opening and Closing ceremonies.

Sound engineer Darren Connor has worked with Sandé for the past two years, and recommended the Sensaphonics 2MAX as the best in-ears for her needs. “The 2MAX have a very flat, accurate frequency response, which is essential in my opinion,” he notes. “I particularly like how tight the low end frequencies feel compared to other brands I have experience with, as well as the fidelity at the top end, too. The pliability of the silicone earpiece creates a nice seal and so isolation is achieved even in the loudest environments.”

Sandé’s previous earphones were also silicone, but a different brand, so the transition to Sensaphonics was an easy one. “Her initial comments after the switch were how warm they made her voice sound, which she really liked, and she has also mentioned the comfort factor of the silicone,” Connor reports.

Previously, Connor had a similar experience working as monitor engineer for Robyn, a Swedish pop singer. “Robyn was very happy with the 2MAX. We enjoyed the sound I was able to reproduce of her predominantly electronic dance tracks and still was able to keep her voice natural and separate from the band,” he says. “When I first heard Emeli, most of her tracks had a dance edge to them, like the Massive Attack drum sample in ‘Heaven’ for example, so it seemed like a natural choice. Early on, I was mixing monitors on a lot of shows from front of house, and as I owned a set of 2MAX already, then it also seemed sensible to be able to monitor exactly what she was hearing with same components in her ears.” That situation has now changed, with Laura Davis hiring on as monitor engineer for the past year. To make her job easier, Davis also mirrors the artist’s earphones and mixes on the 2MAX.

 

 

Darren Connor also appreciates the tour-ready ruggedness and field support he gets from Sensaphonics. “Having used the 2MAX for four years now, I’ve never had a cable go bad, and only had one HF driver fail, apparently due to water damage – maybe I sweat a bit in hot environments! The service has always been professional, friendly, and efficient. In fact, let me give a huge shout out to Claudia in the office. She has been fantastic with all her communications and professional advice, which is really appreciated.”

 

 

Emeli Sandé is currently completing a run of European festivals, after which she will be coming to America. “We start with a festival and TV tour, including Lollapalooza,” says Connor. “Then it’s back to the UK for more festivals followed by another USA run through October. Looking forward to it!”

サウンド・エンジニアのダラン・コナーは過去2年間サンデーを担当していますが、彼女にとって最高のイヤモニとしてセンサフォニクスの2MAXを勧めました。「2MAXはとても平坦で正確な周波数バランスで、俺の意見としては必要不可欠だ。」

彼は言います。「体験した他のブランドのものと比べて特に低周波がしっかりと聴こえるし、高音も正確だ。柔軟なシリコンがぴっちりと(耳に)蓋をしていてどんなに騒々しい環境でも音を隔絶してくれる。」

サンデーの以前イヤモニターからセンサフォニクスのシリコン製のイヤモニターに移行するのは楽でした。「自分の声がとても柔らかく聴こえるのがすごく好きだと彼女は言います。シリコンの着け心地も良いと言っていたよ。」とコナーは話します。

 

コナーは以前スウェーデンのポップ歌手であるロビンのモニター・エンジニアをして働いていた時も似たような経験をしました。

「ロビンは2MAXをとても気に入っていた。俺たちは彼女の主となるエレクトリック・ダンス・トラックを再生したときの音が好きだったし、バンドから彼女の声を切り離して自然な歌声にできることが楽しかった。」

彼は言います。

「エミリーを始めて聴いたとき、彼女の音楽のほとんどは、例えば『ヘブン』のように激しいドラムを伴ったダンス的なものだった。だから自然な選択だった。最初のころ、俺は観衆の前でたくさんのモニター・ミックスをしていた。俺自身すでに2MAXを持っていたから、彼女自身の耳にも同じものを装着して彼女がまさに聴いているものをモニターするのがいいと思ったんだ。」

 

去年ローラ・デイビスがモニター・エンジニアとして雇われてから、今や状況は変わりました。仕事をしやすくするために、デイビスもエミリーのイヤモニを使って2MAXでミックスしています。

 

ダラン・コナーはツアーに適した頑丈さと、センサフォニクスからの現場サポートにも感謝しています。

「今2MAXを4年使っているけれど、ケーブルが壊れた事がないよ。一度だけHFが故障した事があるけれど、水が入ってしまったらしい。暑い環境で汗をかきすぎたんだね!サービスはいつもプロフェッショナルで友好的で素早いよ。実のところ、シカゴの(センサフォニクスの)オフィスにいるクラウディア(窓口担当)に届くように大声で叫びたいね。彼女は本当にプロフェッショナルなアドバイスをくれて素晴らしい。すごく感謝しているよ。」

 

エミリー・サンデーは現在ヨーロッパでのフェスティバルを終えようとしていますが、その後アメリカに来ます。「ロラパローザを含むフェスティバルとテレビショーから始まるよ。」コナーは言います。「それからイギリスに戻ってもっとフェスティバルをやって、10月にはまたアメリカでショーをするよ。楽しみだね!」

 

合わせて読みたい関連記事

  • Luke Bryan rocks the house with Sensaphonics 2MAX 「私たちはセンサフォニクスの大ファンだ」とエドは言う。「音の質がすばらしい。最も使い心地のいいイヤモニだ。ルークはあれなしにはステージに上がらない。私も同じ気持ちだ。」シリコンの […] Posted in Artist, Technical
  • All Time Low on Future Hearts Tour with Sensaphonics IEMs オール・タイム・ローがセンサフォニクスのイヤモニとともにツアーを開始 バルティモアが拠点のパンク/ポップバンド。センサフォニクスのイヤモニを8年使用中。以前は別の会社の […] Posted in Artist, Technical
  • Ramon Morales: Mixing Monitors for Lady Gaga レディー・ガガのモニター・エンジニア、ラモン・モラルスがセンサフォニクスについて語っています。「もう何年もセンサフォニクスの大ファンなんだ。ガガもバンドもテクニカル・スタッフもみ […] Posted in Topics, Artist, Technical
  • Billy Cobham’s Art of the Rhythm Section Retreat 伝説的なジャズ・フュージョン・ドラマーであり、作曲家でありバンドリーダーのビリー・コブハムがリズム部門のミュージシャン向けの大変ユニークな学びの機会を提供する事を発表しました。 […] Posted in Topics, Artist
  • Coldplay Living the Life on tour with Sensaphonics クリス・ウッドは2000年からずっとコールドプレイのモニター・エンジニアを担当している。4人のバンドメンバーすべてがセンサフォニクスの2MAXを使用している。「センサフォニクスの […] Posted in Artist

Comments are closed.