NEWS PHONIC

Sensaphonics debuts 3D-U universal-fit ambient IEM at NAMM

世界初、NAMMショーでセンサフォニクスのユニバーサル・フィット・アンビエント・イン-イヤモニターがデビュー(Winter NAMM 2016/2016年1月21日〜24日)

Winter NAMM 2016(1月21日〜24日)でセンサフォニクスは3D AAROシステムの新型3D-Uユニバーサル・フィット・アンビエント・インイヤモニターを発表します。新型は3D AAROシステムの機能を網羅しつつ、より多くの方にお求めやすい価格となっております。

(Anaheim, CA) At Winter NAMM 2016, Sensaphonics announces the expansion its 3D AARO system with the introduction of the 3D-U universal-fit ambient earphones. The new model brings the full functionality of the 3D AARO system to a wider audience at a more affordable price.

 

The sleek, jet-black 3D-U ambient earphones are available in dual and single-driver versions, utilizing the same proprietary full-range drivers as the tour-proven custom models. Similarly, they contain the same embedded binaural microphone system to add controlled, natural ambience to the mix. The 3D-U also marks the introduction of an industry first, the SensaQuad™ quadraxial cable, providing secure connection and easy field replacement. A “fit kit” of foam and rubber earpiece tips is included, ensuring a good fit and high-isolation seal.

 

“Developing this new product was really driven by customer demand,” says company founder and president, Dr. Michael Santucci. “Everyone who tries the 3D AARO loves it, but not everyone can afford it. The 3D-U allows us to deliver all the advantages of our Active Ambient technology at a lower price, and the universal fit design means one system can serve multiple users – something that houses of worship and sound rental companies have been asking for.”

 

With its patented Active Ambient technology, the 3D AARO system provides full situational awareness, an extremely useful feature both on stage and off. The ambient earphones capture sound around the user at levels up to 140 dB with no distortion and zero latency, combining it with the monitor mix as desired via the system’s compact bodypack mixer. So with both 3D-U earpieces in place, the user can still hear everything around them with directional accuracy in all three dimensions – left/right, front/back, and up/down – with both earpieces in place. Thus the name: 3D.

 

The 3D-U brings the full 3D AARO feature set to the universal-fit user, including a stereo Record Out jack for the ambient mic signal, Bass Boost switch, switchable limiter, and instnt access to Full Ambient mode for easy conversation with both earphones in place. These features make 3D AARO the most versatile IEM system on the market, with applications in studio sessions, DJ gigs, and live recording of rehearsals and concerts. They also work great as variable-level, high fidelity earplugs.

 

“The idea behind the 3D AARO is to let musicians hear everything they want, but with both ears safely isolated from the dangerous levels on stage, in rehearsals, or any loud environment,” says Michael Santucci. “The 3D-U universal-fit earphones bring Active Ambient technology within reach of every serious musician, DJ/producer, sound engineer, and audiophile.”

 

Expected to ship in late winter 2016, the 3D-U ambient earphones are being unveiled at the 2016 NAMM Show in Anaheim, with live demos at Sensaphonics, Booth 6952 in Hall A, January 21-24, 2016. Highly qualified retail dealer inquiries are welcome.

Winter NAMM 2016(1月21日〜24日)でセンサフォニクスは3D AAROシステムの新型3D-Uユニバーサル・フィット・アンビエント・インイヤモニターを発表します。新型は3D AAROシステムの機能を網羅しつつ、より多くの方にお求めやすい価格となっております。

 

スタイリッシュな真っ黒の3D-Uアンビエント・インイヤモニターは、ツアーで確証されたオーダーメイド・モデルのドライバーと同じ最大範囲を有し、ドライバーの数はシングル及びデュアルのバージョンがあります。

同様に、コントロールされた自然なアンビエントをミックスするために、同じステレオ・マイクシステムが搭載されています。

3D-Uは業界初のSensaQuadTM四軸ケーブルを使用しています。これはしっかりとした接続と簡単な現場交換を可能にします。着け心地の良さと完全な密着性を確実にするための、耳に装着するゴム製チップも付いてきます。

 

「この新しい商品を開発したのは、まさにお客様の要請があったからです。」

センサフォニクス社の創設者であり代表のマイケル・サントゥッチ博士は語ります。

「3D AAROを試した人は誰でも気に入りますが、すべての人が買える訳ではありません。3D-Uはアクティブ・アンビエント技術の利点をすべて含みつつも低価格で提供する事ができ、ユニバーサル・デザインなので、協会やレンタル会社などから依頼を受けていますが、複数の人たちで使えるという事です。

 

これは、特許権のあるアクティブ・アンビエント技術で、3D AAROはあらゆる状況に適応することができますが、それはステージの上でもそれ以外でも大変便利な機能です。アンビエント・インイヤモニターは使用者の周りの音をゆがみの無い状態で瞬時に140dBのレベルまでキャッチし、コンパクトなミキサー装備でモニター音とミックスをする事ができます。だから3D-Uを両耳に装着することで、左右、前後、上下すべての三方向の音を正確に聴く事ができます。そういう理由で名称が3Dなのです。

 

3D-Uはすべてのユニバーサル利用者に3D AAROの機能をもたらします。アンビエント・ミックスのためのシグナル用のステレオ・レコード・アウトジャック機能。ベース・ブースト・スイッチ、スイッチ可能なリミッタ。そして装着したままで周りの人と話せるフル・アンビエント・モードなどです。

これらの機能により3D AAROは、スタジオ・セッション、DJのギグ、コンサートやリハーサルでのライブ録音など、製品市場で最も多目的に使えるイヤモニター・システムです。あらゆる音域レベルに対応する忠実な耳栓でもあります。

 

「3D AAROのアイデアとは、ステージ上やリハーサル中やそのたあらゆる爆音から耳を安全に守りつつ、ミュージシャン達が聴きたいものすべてを聴けるようにすることです。」

マイケル・サントゥッチ氏は言います。

「3D-Uユニバーサルは、真剣に取り組んでいるミュージシャン、DJ、プロデューサー、サウンド・エンジニア、オーディオマニアに手に入りやすい価格でアクティブ・アンビエント技術を提供するものです。」

 

2016年冬には出荷される予定で、3D-Uユニバーサルはアナハイムで行われる2016年NAMMショーに登場します。センサフォニクスによるライブショーも行われます。2016年1月21日〜24日、ホールA、ブース6952。専門的な小売の問い合わせも歓迎します。

合わせて読みたい関連記事

Comments are closed.