NEWS PHONIC

“Headphone Festival 2019 Spring” Was A Huge Success

2019年4月27日(Sat.)、28日(Sun.)、平成から令和へと元号が変わる記念すべきゴールデンウィークの幕開けに、東京・中野サンプラザにて「春のヘッドフォン祭2019」が開催されました。恒例ではあるものの、会場のにぎわいは通常以上! Sensaphonics Japanのブースには、アーティストも直々に訪問してくれました。

 

告知記事でも触れていたように初回から11年目を迎え、今や世界的なポータブルオーディオ祭典となった「ヘッドフォン祭」。東京・中野の映像機器・音響機器の買取・販売店「フジヤエービック」主催で年々規模を拡大させ、国内外100社以上のメーカー、200以上のブランドが一堂に集結する大イベントとなっています。そして今回の「春のヘッドフォン祭2019」では、延べ入場者数1万1,000~1万2,000人という盛況ぶりに! Sensaphonics Japan/j-phonicのブースにもこれまでより多くのファンやユーザーが訪れました。

 

これまで同様、自分がふだん音楽を聴いているときの音量の度合いが測定できる「dBチェッカー」で音量当てクイズに挑戦する人はもちろん、今回は、このヘッドフォン祭のパンフレットに載せていたSensaphonicsならではのシリコン素材に関する記事を見て、その遮音性能に興味を抱いて足を運んだという人も多数。実際にシリコン素材を触ってみて、その柔らかさに驚く他社製品ユーザーも続出しました。また、前回までより若い人たち、特に女性の姿が多かったのも特徴的でした。

 

2日目には、SensaphonicsのIEMを試してみたいということで、プロ・ギタリスト原田博史さんが来場。熱心に試聴したり説明を聞いたりしたのち、主にステージユーズとして人気の高い「ProPhonic 2MAX」をオーダーすることに。ブースにいたSensaphonics Japan/j-phonic代表との会話も盛り上がり、一緒に記念撮影。自身のCDに直筆サインをしたスペシャルプレゼントもいただきました!

開催中は、会場でイヤモニをオーダーするとMMCXケーブル加工やMove-InterLock加工の無料サービスも実施。こちらでのオーダーも多数あり、両日を通じ、内容盛りだくさんのイベントになりました。

 

 

2019年4月8日リリースのEP「Ryuk」は、iTunes・Apple Music・LINE Musicなどの配信アプリでもDL可能。 2019年7月21日には大手CDショップより全国流通。

原田博史(ギタリスト&シンガー・ソングライターetc) PROFILE………………………………………………………………………………

1986年7月21日生まれ・東京都出身。

2007年にギタリストとして現在に至るまでライヴのサポートやTV出演などを行っている。2011年より作詞・作曲・編曲・ヴォーカルディレクション・レコーディングエンジニアとして活躍の場を広げ、2015年までは並行して大所帯バンドにも所属。2016年からはシンガーソングライターとしてミニアルバム「UZUMAKI」やシングル「MeMory」などもリリースし、プログラミングやミックスも手掛ける。

https://www.haradahiroshimusic.com/

https://twitter.com/harada_hiroshi(@harada_hiroshi)

合わせて読みたい関連記事

Comments are closed.