NEWS PHONIC

NHK-2017 Kouhaku Utagassen

2017年大晦日の紅白歌合戦にセンサフォ二クスの装飾IEMが多く登場します。

2017年の一年を締めくくるNHKの紅白歌合戦。今年は46組のアーティストが出演しますが、イヤモニターも定着して利用されています。Sensaphonicsのイヤモニターが紅白歌合戦に最初に登場したのはDREAMS COME TRUEがトリを務めた2010年からになります。紅白歌合戦でのイヤモニ使用の幕開けとなりました。それから約10年で出演者の多くのアーティストが利用するようになってきました。

今年の紅白での出演アーティストでSensaphonicsのイヤモニター利用しているアーティストは平井堅さんや桑田佳祐さんなど多くの出演者がおられます。その中でも、今年は装飾イヤモニターの特別仕様のバージョンを装着しているアーティストが7人になっています。

装飾イヤモニターは2006年に椎名林檎さんが最初のゴールドの装飾イヤモニターを使い始めてからはや11年余りになります。五木ひろしさんがご自身のイニシャルのI/Hの装飾イヤモニターや、坂本冬美さんの金のプレートの上に〝f〟のマーク。石川さゆりさんや島津亜矢さんはキラキラひかるメレーが一面に輝いています。TOKIOの国分太一さんもゴールドの装飾です。

そして今年の大きな話題になっている安室奈美恵さんもSensaphonics Japan製作の装飾IEMを利用しています。イヤモニターの全面が光り輝くイヤモニターです。ステージのパフォーマンスとともにIEMもお楽しみ下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

椎名林檎 ゴールドのイヤモニター

 

 

 

 

 

五木ひろし イニシャルのイヤモニター

 

 

 

 

 

 

 

 

 

石川さゆり 全面パべ留め装飾のイヤモニター

 

 

 

 

 

坂本冬美 ゴールドに f のマークのイヤモニター

 

 

 

 

 

島津亜矢 全面パべ留めのイヤモニター

 

 

[作製順]

 

 

 

合わせて読みたい関連記事

Comments are closed.