NEWS PHONIC

Luke Bryan rocks the house with Sensaphonics 2MAX

ルーク・ブライアンとモニターエンジニアのエド・ジャニスゼウスキーがセンサフォニクスの2MAXを絶賛

「私たちはセンサフォニクスの大ファンだ」とエドは言う。「音の質がすばらしい。最も使い心地のいいイヤモニだ。ルークはあれなしにはステージに上がらない。私も同じ気持ちだ。」シリコンの機能を絶賛。最近オーランドで行われたコンサートでは、マイケルがバックステージでルークやその他メンバーの耳型を新たに採取。他の会社のいくつもドライバーの入ったイヤモニと比較しセンサフォニクスのものを絶賛。

 

Luke Bryan’s concerts are no-holds-barred productions. From the massive PA system to the secondary stage out in the audience, every aspect is designed to create a memorable experience. For Bryan, the key to delivering a consistently flawless performance is a great monitor mix. For that, he chooses the Sensaphonics 2MAX.

Monitor engineer Ed Janiszewski has been mixing for Luke Bryan since 2008. From Bryan’s time playing honky-tonks to today’s massive stadium and festival gigs, the 2MAX has been a constant for both. “We’re huge fans of Sensaphonics,” says Ed. “The sound quality of the 2MAX is outstanding, and they are the most comfortable in-ears out there. Luke never wants to go on stage without them, and I feel the same way.”

Another key benefit for Bryan is the high isolation of Sensaphonics all-silicone construction. “Luke does part of his set on a secondary stage out in the audience, in front of the PA,” notes Janiszewski. “Those are rock show sound levels out there, and the extra isolation from the solid silicone earpieces means he doesn’t have to turn it up as much to hear clearly. That’s something Luke is really aware of. He’s definitely concerned with maintaining and conserving his hearing.”

During a recent show in Orlando, Sensaphonics president Michael Santucci was backstage and did fresh ear impressions for Luke and several band and crew members. “Luke even had Dr. Santucci do impressions for Musicians Earplugs for his nephew,” recalls Janiszewski. “Between sound checks, opening acts, then our own 90-minute set, that’s a lot of loud. We’re both very aware of the need to limit our exposure. In fact, every time we play Chicago, I make it a point to stop by Sensaphonics for a hearing test. I just did that recently, and was very happy with the results. Which means that what we’re doing is working.”

Janiszewski is also impressed with the consistency and reliability Sensaphonics provides. “The flexibility of the earpieces mean they don’t lose their seal as your jaw moves, which lets Luke focus on his performance. There’s no distraction from worrying about details like what he’s got in his ears or a sudden loss of bass from a bad seal. They just work, so Luke is able to put on the show that he needs to. And that’s exactly how it should be,” he says.

As a monitor engineer, Ed Janiszewski is also a big fan of the accuracy of the dual-driver 2MAX. “My job is to take what everybody is playing and mix it down in a way that sounds musical and is useful to the guys on stage,” he says. “The 2MAX gives me a transparent reference point that is crucial to that process. As long as I have a good fit, it gives me exactly what I need sonically. And with the customer service I get from Sensaphonics, they always make sure I have the right fit.”

Asked to compare his Sensaphonics experience to other options on the market, Janiszewski doesn’t see anything that tempts him. “I see hard plastic with a lot of drivers, which to me means louder, not better,” he says. “Having a bunch of extra drivers in there is just a lot more potential for things to go wrong inside. Why would I do that when I’ve got a product that does exactly what I want, from a company that really cares about my hearing?”

Luke Bryan’s Kick The Dust Up Tour continues barnstorming across the U.S. through the end of October with a mix of stadium and amphitheater dates interspersed with major country music festivals.

 

ルーク・ブライアンのコンサートは文句のつけようのない仕上がりです。観客席の中に伸びるように造られた第二のステージに設置された巨大なPAシステムが、このアメリカン・スターのファンの脳裏に焼き付くような体験をしてもらうため、あらゆる工夫を生み出します。

ステージの上にいるアーティストにとって、よどみのないパフォーマンスをするための鍵は素晴らしいモニター・ミックスです。エド・ジャニスゼウスキーは2008年からブライアンのモニター・ミックスを担当しています。そしてブライアンが小さなコンサートから始めて今日の巨大なスタジオ・コンサートやフェスティバル・ギグに至るまで、ひとつ変わらない事があります。
「私たちはセンサフォニクスの大ファンだ。」とエドは語ります。
「音質が突出していて、最も着け心地のいいイヤモニだよ。ルークはセンサフォニクスのイヤモニ無しにはステージに上がらないし、俺も同じ気持ちだ。俺たちは二人とも2MAXを使っているよ。」

ブライアンにとってそれ以外のキーポイントとなる恩恵は、センサフォニクスのシリコンにだけでデザインされ得る高度な音の分離です。
「ルークはPAの前で、観客席の中にある第二のステージでショーをする。」とジャニスゼウスキーは指摘します。
「そこではロックショーレベルの音のボリュームだ。シリコンで音が隔絶されているということは、彼はそんなにボリュームを上げなくてもいいという事で、その点はルークがとても意識していることなんだ。彼は実に自身の聴覚を保ち保護する事に気を使っているよ。」

最近オーランドで行われたショーでは、センサフォニクスの代表のマイケル・サントゥッチがバックステージでルークとバンドメンバーやスタッフの新しい耳型を採りました。
「ルークは甥のミュージシャン用イヤプラグの為にもサントゥッチ博士に耳型を採ってもらっていたよ。」とジャニスゼウスキーは振り返ります。
「サウンド・チェックやオープニングや90分のショーでは、大変な爆音だ。俺たちは二人とも爆音に晒される量を制限する必要性をとても感じている。実は、シカゴで演奏するたびに、センサフォニクスに立ち寄って聴覚テストをしてもらっているんだ。俺は最近テストしたけど、結果がとても嬉しいものだった。だから俺たちのしている事はうまくいっているのだろうね。」

ジャニスゼウスキーはセンサフォニクスの提供する継続性と信頼性にも感銘を受けています。
「(シリコン)イヤモニの柔軟性は顎が動いても(耳の)“ふた”が緩まないということで、そのおかげでルークはパフォーマンスに集中する事ができる。イヤモニはただ機能してくれる。だから彼はショーを行う事ができるんだ。そしてその事が何よりもそうあるべき事なんだよ。」
と彼は言います。

エドはまた2つのドライバーが搭載された2MAXの音の正確性の大ファンでもあります。
「俺の仕事は全員の演奏する音を採って、それをミックスしてステージ上にいる彼らに音楽的で便利に聴こえるような音にする事だ。」
とジャニスゼウスキーは言います。
「2MAXはその行程に不可欠な透明度のある標準音をくれる。良いフィット感がある限り、私がまさしく必要とする音を与えてくれる。そしてセンサフォニクスから受けるカスタマーサービスはいつも私に完璧なフィット感を保証してくれてるんだ。」

センサフォニクスの体験を市場にある他の選択肢と比べてみても、ジャニスゼウスキーは何には誘惑されません。
「硬いプラスチックにたくさんのドライバーが入っているものを見ても、俺にとってはうるさくなるだけで良くはならない。」
と彼は言います。
「俺にとって、たくさんのドライバーが入っているという事は、それだけ内部で故障する可能性が上がるだけさ。本当に俺の耳を大切にしてくれる会社があり、まさに俺の必要とする商品があるというのに、なぜそんなことをしたいと思うんだ?」

 

合わせて読みたい関連記事

  • Sensaphonics 2MAX powers Emeli Sandé on tour エミリー・サンデー スコットランド出身のシンガーソングライター、エミリー・サンデーはファン達を急速に増やしていて、ハードなスケジュールのツアーをこなしているパワフルなボーカ […] Posted in Artist
  • Ramon Morales: Mixing Monitors for Lady Gaga レディー・ガガのモニター・エンジニア、ラモン・モラルスがセンサフォニクスについて語っています。「もう何年もセンサフォニクスの大ファンなんだ。ガガもバンドもテクニカル・スタッフもみ […] Posted in Topics, Artist, Technical
  • All Time Low on Future Hearts Tour with Sensaphonics IEMs オール・タイム・ローがセンサフォニクスのイヤモニとともにツアーを開始 バルティモアが拠点のパンク/ポップバンド。センサフォニクスのイヤモニを8年使用中。以前は別の会社の […] Posted in Artist, Technical
  • Coldplay Living the Life on tour with Sensaphonics クリス・ウッドは2000年からずっとコールドプレイのモニター・エンジニアを担当している。4人のバンドメンバーすべてがセンサフォニクスの2MAXを使用している。「センサフォニクスの […] Posted in Artist
  • Superior Sensaphonics Isolation – now documented! 業界初。独立したテスト研究所がセンサフォニクス社製のイヤモニターの驚くべき広周波数帯域における遮断性能を実証。オクターブ・バンド・テストにおいて全ての周波数で平均34dBの減衰。 […] Posted in Best Select, Topics, Technical, Safe Ears, Report

Comments are closed.