NEWS PHONIC

Superior Sensaphonics Isolation – now documented!

【素晴らしいセンサフォニクスの音の隔離】が立証されました!

業界初。独立したテスト研究所がセンサフォニクス社製のイヤモニターの驚くべき広周波数帯域における遮断性能を実証。オクターブ・バンド・テストにおいて全ての周波数で平均34dBの減衰。8000Hzでは平均遮断性能がなんと45.5dBを記録しました。

In an industry first, an independent testing lab has documented the amazing broadband isolation provided by Sensaphonics custom-fit earpieces.

Michael & Associates is an independent psychoacoustics test laboratory located in State College, PA and headed by Kevin Michael, Ph. D. According to its report dated April 13, 2017, Sensaphonics custom-fit earpieces showed exceptional isolation, averaging 34 dB attenuation across all frequencies in octave-band testing. The earpieces attained an amazing 45.5 dB average isolation at 8 kHz and, even more impressively, achieved 29.6 dB or greater isolation in the difficult-to-block low frequencies.

This study is notable as the first time any custom IEM manufacturer has published verified isolation figures from an independent scientific test laboratory.

There was nothing theoretical about these measurements; no dummy heads were involved. Michael & Associates measured isolation for 10 subjects across 9 standard octave-band frequencies from 125 Hz to 8 kHz, on 3 separate occasions. All attenuation measurements were taken during live listening tests, using American National Standards Institute specifications – specifically, ANSI S3.19-1974.

Here are the overall attenuation results across all subjects:

 

 

The statistical standard deviation for test measurements ranged from 3.2 to 4.5 dB, indicating excellent consistency of measurement despite the inevitable differences in fit and insertion technique among the test subjects.

All study participants wore actual Sensaphonics custom earpieces, made from their proprietary formula of medical-grade soft silicone. Earpieces were made by the Sensaphonics manufacturing laboratory from ear impressions taken according to company specifications.

Sensaphonics is a strong proponent of evidence-based audiology, designing outstanding audio products that help preserve and protect the hearing health of musicians, their technicians and fans. Superior broadband isolation, as documented in this study, creates a lower noise floor, allowing the monitor feed to be heard more clearly at lower levels.

“These test results prove without a doubt that our earpieces provide superior broadband isolation,” says Sensaphonics President, Dr. Michael Santucci. “Our combination of proprietary soft silicone formala, deep ear impressions, and well-trained, highly experienced lab technicians consistently results in maximum broadband isolation and comfort that no other custom IEM manufacturer can match.”

Michael & Associates is an independent psychoacoutistics test lab, accredited by the National Institute of Standards and Technology (NIST) National Laboratory Voluntary Accreditation Program (NVLAP), Lab number 100427. These accreditation criteria encompass the requirements of international standards ISO 17025.

 

 

マイケル&アソシエイト(Michael & Associates)は、ケビン・マイケル(Kevin Michael)博士が率いるペンシルベニア州立大学に付帯する独立した心理音響学のテスト研究所です。

2017年4月13日にこの研究所が出したレポートによると、センサフォニクスのオーダーメイド・イヤホン(イヤモニター)はオクターブ・バンド(ある周波数からその2倍の周波数までの幅)のテストにおいて、全ての周波数で平均34dBの減衰という、抜群の音の遮断性を示しました。そのイヤホンは、8kHzでは平均遮断性能がなんと45.5dBを記録し、さらに驚くべき事に、遮断の困難な低周波数では29.6dB以上を達成しました。

 

この研究結果には特筆すべきことがあります。何故ならば、これはあらゆるオーダーメイド・イヤモニターのメーカーの中で初めてメーカーから独立した科学テスト研究所によって分析された数字を発表したからです。

これらの計測には、ダミーヘッドなどの理論的なものは何も用いられませんでした。マイケル&アソシエイトは、3つの違う状況下で、125Hzから8kHZの周波数の9つの標準オクターブ・バンドに亘り、10人の被験者における遮断性を計測しました。以下が全ての被験者における減衰結果の概要です。

 

このテストの計測における統計上の標準偏差値は3.2~4.5dBになっています。(被験者の)装着上の避けがたい個人差があるにも関わらず、素晴らしい精度の計測値を示しています。

被験者全員は、センサフォニクスが登録商標権を持つメディカルグレード(医学療法用)の柔らかいシリコンで作られた実際のセンサフォニクス製のイヤモニターを装着しました。このイヤモニターは、採取された耳型からセンサフォニクスの設計に従って自社のラボで製作されました。

センサフォニクスは、ミュージシャンや彼らの音響テクニカルスタッフ、ファン達の聴覚の健康の維持と保護をする突出したオーディオ機器を設計している、実証に基づいた音響学の強力な擁護者であり提案者です。この度のレポートで立証されたように、優秀な広周波数帯域の遮断性は、低い音底値を作り出し、モニターから出てくる音を低い音量でより鮮明にします。

「これらのテスト結果で、私たちのイヤモニが高性能な広周波数帯域の遮断性を供給することに疑いのない事が証明されました。」センサフォニクスの代表のマイケル・サントゥッチ博士は語ります。「登録商標権を持つ柔らかいシリコン製法と、(長めの外耳道を採取する)ディープ・インプレション(耳型)、そしてよく訓練された経験豊富なラボの技術者たちとの融合は、他のイヤモニ・メーカーにはまねのできない最大限の広周波数帯域の遮断性と着け心地の良さを常に提供しています。」

――マイケル&アソシエイトは、アメリカ国立標準技術研究所(NIST)、米国国家自主試験認定プログラム(NVLAP)から認可された、独立した心理音響学のテスト研究所で、研究所番号は100427です。これらの公認基準は、国際標準ISO 17025の資格を含みます。――

合わせて読みたい関連記事

Comments are closed.