NEWS PHONIC

Chainey Harpe: Keeping artists”Chris Brown” happy with Sensaphonics

クリス・ブラウン、メアリー・J・ブライジ、ケリー・ヒルソン、スヌープドッグなど多くのアーティストのモニターをミックスしているチェインニー・ハープがセンサフォニクスのIEMでアーティストをハッピーにしています。

「センサフォニクスを使うといつも高評価を得られるよ。」これはウィリアム〈チェインニー〉ハープの言葉です。ハープは、R&Bのスターであるクリス・ブラウン始め、メアリー・J・ブライジ、ケリー・ヒルソン、スヌープドッグ他多くのアーティストのモニターをミックスしています。彼には唯一単純な照準を持っています。「アーティストをハッピーにしておくこと。」俺のゴールは、アーティスト達がイヤモニをつけていることを忘れて、彼らのパフォーマンスに集中できるようにすること。他のどんな商品よりもセンサフォニクスを使っている時に、それがより頻繁により堅実に起こるんだ。

“I just have a higher success rate when I use Sensaphonics.” These are words of William “ Chainey” Harpe, production manager, monitor engineer, and head of CH Production. Harpe, who mixes monitors for R&B star Chris Brown as well as such artists as Mary J. Blige, Keri Hilson, Snoop Dogg, and others, has a single, simple focus on how things should work on stage: “Just keep the artist happy. That’s all!”

 

At the monitor desk during a show, Harpe is always on alert for signs of trouble: “I’m scanning the stage constantly, looking for little signs of in-ear issues – one eye closed, hand to forehead, or the ever-popular ‘one hand up to the ear.’ My goal with artists is for them to forget they are wearing in-ears so they can focus on their performance. That happens more often, more consistently, with Sensaphonics than with any other product.”

 

Harpe is often asked to recommend in-ear monitors for his clients. For the past ten years, he has been sending his artists to Sensaphonics. “There are plenty of good-sounding ears on the market, and believe me, I’ve tried them all,” he states. “I want to know if there’s something better. But I send my people to Sensaphonics because I trust the product, and the customer service is A-number-1. They have a really good product that works.”

 

Chainey Harpe’s preferred model is the 2MAX, which provides a neutral, accurate sound signature and is optimized to work with wireless IEM systems. “I need that reference of what things really sound like. That’s really important, especially if some band members are using other products. The 2MAX and 2X-S get me there.”

 

On a practical level, the soft silicone earpieces and overall design of Sensaphonics earphones are key factors in keeping artists like Chris Brown happy. “I’ve been mixing for Chris since his first hit when he was 16,” Harpe recalls. “Sensaphonics was the only product I could find where the fit is so good and the ear canal section is long enough that it keeps the sweat out. And if you’ve ever watched Chris Brown work ‘on stage,’ you know he puts them to the test. The soft material is just so much more comfortable than any hard plastic shell, and the isolation is better, too.”

 

Harpe takes advantage of that isolation when traveling as well. “My 2MAXes are in my ears whenever I’ m on a plane, even if they’re not plugged into anything – just for the isolation,” Chainey notes. “I can be a couple rows from a crying baby and I can sleep. And when I arrive, even after a long flight overseas, I can go right to work. No ear fatigue, no pain. That’s why my Sensaphonics are always in my travel bag.”

 

CH Production is the company that Chainey Harpe operates along with business partner Bridget Jackson. “We work with a lot of young artists, showing them how to make the jump from the studio to the stage.” he explains. “These days, you can put out a song from a home studio and be a worldwide phenomenon in a very short time. We help them take advantage of that opportunity by hooking them up with the technical resources and people they need – band, road crew, equipment, etc. – so they can walk in and be professionals, even if they didn’t have a band two weeks ago. It’s new school consulting.”

 

Harpe concludes, “When you’re working with a lot of artists who rely on your advice, you need people and products you can count on. For me, Sensaphonics is a big part of that. They have the comfort, the sound, and the customer service. With both experienced and new in-ear users, I always seem to have fewer issues and happier artists with Sensaphonics. That’s the bottom line.”

 

 

メアリー・J. ブライジ(Mary Jane Blige )

クイーン・オブ・ヒップホップ・ソウルと称される。2007年のグラミー賞で『ザ・ブレイクスルー』に対し最多8部門でノミネートされ、3部門で受賞した。

 

スヌープ・ドッグ(Snoop Dogg )

カリフォルニア州ロングビーチ出身のヒップホッパー。2004年リリースのシングル「Drop It Like It’s Hot」がBillboard Hot 100で自身初の1位を記録した。

「センサフォニクスを使うといつも高評価を得られるよ。」これはウィリアム「チェインニー」ハープの言葉です。彼はプロダクション・マネージャーであり、モニター・エンジニアであり、CHプロダクションの代表でもあります。ハープは、R&Bのスターであるクリス・ブラウン始め、メアリー・J・ブライジ、ケリー・ヒルソン、スヌープドッグ他多くのアーティストのモニターをミックスしていますが、ステージ上でどのような仕事をすべきか、唯一単純な照準を持っています。「アーティストをハッピーにしておくこと。それだけ。」

ショーの間のモニター・デスクにいる時、ハープは常にトラブルを警戒しています:「俺はステージをつぶさに入念に調べているよ。イヤモニの小さな問題も見つけられるようにね。片目を閉じて、片手を額に当てて、あるいはよくあるように片手を耳に当ててね。俺のゴールは、アーティスト達がイヤモニをつけていることを忘れて、彼らのパフォーマンスに集中できるようにすること。他のどんな商品よりもセンサフォニクスを使っている時に、それがより頻繁により堅実に起こるんだ。」

ハープはよく顧客にイヤモニのお勧めを聞かれます。過去10年間、彼は自分のアーティストをセンサフォニクスに送っています。「市場にはかなり良い音質のイヤモニがたくさんあるよ。俺を信じて。全部試したんだから。」彼は言います。「俺はもっといいものがあるかどうか知りたいんだ。でも俺は自分のアーティストをセンサフォニクスに送るよ。なぜなら彼らの商品を信頼していて、カスタマーサービスがナンバーワンだからね。彼らは本当に良い仕事をしてくれる商品を持っているよ。」

チェインニー・ハープのお気に入りのモデルは、中立的で正確な音でワイヤレス・イヤモニに最適化された2MAXです。「俺は音が実際にどう響いているかの参照が必要だ。それは、特にバンドメンバーの中に他の商品を使っているアーティストが何人かいる場合にとても重要だ。2MAXと2X-Sは俺を必要なところに連れて行ってくれる。」

実際的なレベルでは、センサフォニクスの柔らかいシリコン性のイヤモニやその全体的なデザインが、クリス・ブラウンのようなアーティスト達をハッピーにさせておく重要な要素です。「俺はクリスが16歳で初めてヒットを飛ばした時から彼のミキシングをしているよ。」ハープは回想します。「センサフォニクスは俺が見つけられた中で、フィット感が素晴らしく、外耳道の部分が汗を入れないだけ長い唯一の商品だった。もしクリス・ブラウンの「ステージ上での」仕事ぶりを見たことがあったらわかると思うけど、彼はイヤモニを極限まで挑戦させるよ。その柔らかい素材は硬いプラスチックのシェルよりもずっとはるかにつけ心地がいいし、音の隔絶も抜群だね。」

ハープは旅行中もその音の隔絶を利用しています。「俺の2MAXは飛行機に乗っている時は、何にも繋げていなくてもいつも耳に装着している。音の隔絶のためにね。」チェインニーは言います。「泣いている赤ちゃんの二列目でも眠れるよ。そして到着したら、海外の長旅の後でもすぐに働き出す。耳の疲れもないし、痛みもない。だから俺の旅行カバンにはいつもセンサフォニクスが入っているんだ。」

CHプロダクションは、チェインニー・ハープがビジネスパートナーのブリジット・ジャクソンと経営している会社です。「俺たちは多くの若いアーティストたちと働いている。スタジオからステージにどうやって飛び出すか教えながらね。」彼は説明します。「最近では、ホームスタジオから曲を発表できるし、短時間で世界的な現象になることもできる。俺たちは彼らを技術的供給源や彼らの必要としている人々−バンドや現場のスタッフや装備などに結びつけてあげながら、そういう機会を最大限に利用する手助けをしている。だから彼らは、二週間前にはバンドすら持っていなかったとしても、ここにやってくるとプロになれる。新しいスクール・コンサルティングだね。」

ハープは締めくくります。「自分のアドバイスに信頼を置いてくれるたくさんのアーティストたちと働いていると、自分が頼ることができる人々や商品が必要になる。俺にとって、センサフォニクスはその大きな部分を占めるよ。彼らは安心感があって、良い音を持っていて、素晴らしいカスタマーサービスがある。イヤモニ歴の長いユーザーでも新しいユーザーでも、俺はいつもセンサフォニクスを使うと問題はより少なくなるし、アーティストたちもよりハッピーになるようだよ。それが一番大事なことだね。」

 

 

クリス・ブラウン(Chris Brown)

 クリストファー・モーリス・ブラウン(Christopher Maurice “Chris” Brown  )

「俺、実は日本のアニメの大ファンなんだ]と公言するほどの日本アニメファンとしても知られ、自身の左肩にはアニメ映画「獣兵衛忍風帖」の主人公のタトゥーを入れている。数々のヒット曲を出しているが2012年7月3日にリリースされた アルバム、フォーチューンはビルボード200の1位を獲得している。

 

ケリー・ヒルソン(Keri Hilson)

2009年ファーストアルバム「イン・ア・パーフェクト・ワール」をリリース。このアルバムからの2ndシングル「Knock You Down (featuring Kanye West & Ne-Yo)」は、全米シングルチャートにて最高位3位を記録し、大ヒットを記録した。

 

 

合わせて読みたい関連記事

Comments are closed.