NEWS PHONIC

Mixing or managing for Mike Posner, Robert Dugan is all-in with 2MAX

マイク・ポスナーのミキシングとマネージングをしているロバート・デューガンは2MAXといつも一緒にいます。

グラミー賞にノミネートされたマイク・ポスナーのツアー・マネージャーとして働いていても、リクストンやミスターワイブスのようなグループのためにミキシングをしていても、ロバート・デューガンは彼のアーティストを喜ばせておくある共通した要素を見つけました:センサフォニクスの2MAXです。

Whether working as tour manager for Grammy-nominated Mike Posner or mixing for groups like Rixton and MisterWives, Robert Dugan has found one common element that keeps his artists happy: Sensaphonics 2MAX.

“I’ve been using Sensaphonics since I started working with singer/songwriter Mike Posner in 2011,” says Dugan. “He turned me onto them, and I’ve been using them ever since. The 2MAX is so well balanced, with such accurate bass response, it feels like you’re listening to a full PA. I like referencing through them, even for studio work.”

 

 

 

 

On the road, Dugan uses the 2MAX even when he’s not mixing monitors. “When I’m mixing front of house, I record my house feed most nights, then listen to it through the 2MAX on the bus or in my hotel. I know I’m hearing all the details, and it’s a great way to keep both myself and the band happy with the mix.”

Recently, Dugan was on a tour where he was mixing both front of house and monitors from the FOH console. He found the fit and isolation of custom silicone earpieces in the 2MAX to be ideal for that task. “We were playing two hours per night, so we needed something that was comfortable, easy to pop in and out with a good seal,” he recalls. “The show is all live, so you don’t get the luxury of having tracks to build on. My job is to make them sound big out front while also providing a clean, clear monitor mix. The response is so accurate, you can hear a lot of nuances. It helped me with adding some breath into a vocal and making it sound more organic in the in-ear mixes.”

 

 

 

 

 

 

 

 

Another benefit that Dugan appreciates is Sensaphonics reliability and roadworthiness. “As an engineer, we’re approached by different IEM vendors all the time,” he says. “I’ve worked with artists using other brands where every band member’s IEMs need repair or replacing 3 times a year. My first pair of 2MAX lasted four years on the road, which says a lot. In my experience, most bands will save money with Sensaphonics – and they’re not that expensive to start with.”

Dugan finds his Musicians Earplugs to be a useful tool as well. “I even use them when I mix front of house,” he notes. “It took a little practice to find my sweet spot, to know where the vocal sits when I’m wearing them. But when I take them out to check, it’s all good, and my ears aren’t as strained at the end of the night.”

 

Whenever one of Dugan’s tours comes through Chicago, he tries to find time to visit the Musicians Hearing Clinic. “In the live music realm, your ears are your money-makers, so hearing safety is important,” he relates. I love the fact that Sensaphonics is all about that. When I stop by the office for a hearing test, it gives me confidence when I’m mixing.”

Today, Dugan fills the tour manager role on Mike Posner’s tours. Front of house duties are handled by engineer Zach Snyder, with Chad Byrd mixing monitors. Dugan credits Posner with helping him realize the importance of hearing, for both himself and the musicians and crew he tours with.

“I love working with Mike. He’s a great songwriter and performer, and has a great ear,” says Robert. “He’s a big advocate for Sensaphonics – the sound quality, the safety, and the comfort. He passed that along because he really cares about the people he works with. It’s been a big influence on me.”

「俺は2011年にシンガーソングライターのマイク・ポスナーと働き始めたとき以来センサフォニクスを使っているよ。」デューガンは言います。「彼が俺に紹介してくれて、それ以来ずっと使っている。2MAXは安定した低音レスポンスで良くバランスがとれていて、まるで完全なPAを聴いているように感じるよ。俺はレファレンス音として使うのが好き。スタジオにいる時でさえもね。」

 

ツアー中は、モニターをミキシングしていないときもデューガンは2MAXを使っています。「フロント・オブ・ハウスでミキシングをしているとき、ほとんどの晩に演奏を録音していて、バスやホテルで2MAXで聴いている。細かいところまで聴けるし、自分自身やバンドのメンバーがミキシングに満足しているって確認できる素晴らしい方法だ。」

注)フロント・オブ・ハウス:観客が聴く音楽をコントロールするメインミキサー

最近、デューガンはFOH(フロント・オブ・ハウス)コンソールからフロント・オブ・ハウスとステージモニターの両方をミキシングするツアーをしました。彼はその仕事をするにあたり、シリコン製のカスタム・イヤモニのフィット感と音の隔絶が理想的であると知りました。「俺たちは毎晩二時間演奏した。だから密閉性が高く着脱が簡単にできて着け心地の良いものが必要だった。」彼は回想します。「ショーは全部ライブだから、基となるトラックを持つなんていう贅沢はできない。俺の仕事はフロントから大きなトラックを流しつつ、ステージモニターでは綺麗で澄んだミキシングを提供する事だ。レスポンスがすごく正確だから、微妙なニュアンスを聴き取れる。イヤモニ・ミックスでより有機的に聴こえるようにヴォーカルに無声音を加えるのに役立ったよ。」

注)小さめのクラブハウスなどでは、ミキサー(ここでいうデューガン)はフロントオブハウス(観客の聴く音楽)とモニター(ミュージシャンが聴く音)の両方を担当する事が多い。

注)無声音: 発音するとき声帯の振動を伴わない音。f,h,p,kなど

デューガンにとってのもう一つの恩恵はセンサフォニクスの信頼性と耐久性です。技師として、俺たちはしょっちゅういろんなイヤモニ業者に売り込みをされている。」彼は言います。「俺は一年に三回もイヤモニを修理したり交換したりしなければならない他のバンドと仕事をしたことがある。俺の最初の2MAXはツアーで4年もった。それってすごいよね。俺の経験では、ほとんどのバンドはセンサフォニクスでお金を節約できると思うよ。それに使い始めるにしても高くないしね。」

デューガンは彼のミュージシャン用耳栓もとても便利なツールだと思っています。「フロント・オブ・ハウスでミキシングをするときさえ使うよ。」彼は言います。「装着している時にヴォーカルがどこに位置しているのか知るために、ちょうどいいところを探すのにちょっと練習が必要だけど。」でもチェックするために外してみると、うまくいっているんだ。それに夜の終わりに耳が疲れていないよ。」

 

デューガンのツアーがシカゴを訪れる時はいつでも、彼はミュージシャン聴覚クリニックを訪れる時間を取ろうとします。「ライブ音楽業界にいると、耳がお金を稼いでてくれるからね、聴覚の安全は大事だよ。」彼は言います。「センサフォニクスはそれが全てだから大好き。聴覚テストのためにオフィスを訪れると、ミキシングをしている時の自信につながるよ。」

今日、デューガンはマイク・ポスナーのツアーでツアー・マネージャの役割を果たします。フロント・ハウスの担当はエンジニア・ザック・スナイダーで、それとモニターはミキシング・エンジニア、チャド・バードによって行われました。聴力の重要性を理解していて彼を助けることでデューガンはポスナーを信頼します。彼のツアークルーとミュージシャンと自分自身のためだということを。

「マイク・ポスナーと働くのはすごく好きだよ。彼は素晴らしいソングライターでありパフォーマーで、いい耳を持っている。」ロバートは言います。「彼は熱烈なセンサフォニクスの信奉者だよ。音質、安全性、そして着け心地の良さ。彼は一緒に働く人たちの事をとても気遣うから教えてくれたんだ。俺は大きな影響を受けたよ。」

 

 

合わせて読みたい関連記事

  • All Time Low on Future Hearts Tour with Sensaphonics IEMs オール・タイム・ローがセンサフォニクスのイヤモニとともにツアーを開始 バルティモアが拠点のパンク/ポップバンド。センサフォニクスのイヤモニを8年使用中。以前は別の会社の […] Posted in Artist, Technical
  • Luke Bryan rocks the house with Sensaphonics 2MAX 「私たちはセンサフォニクスの大ファンだ」とエドは言う。「音の質がすばらしい。最も使い心地のいいイヤモニだ。ルークはあれなしにはステージに上がらない。私も同じ気持ちだ。」シリコンの […] Posted in Artist, Technical
  • Coldplay Living the Life on tour with Sensaphonics クリス・ウッドは2000年からずっとコールドプレイのモニター・エンジニアを担当している。4人のバンドメンバーすべてがセンサフォニクスの2MAXを使用している。「センサフォニクスの […] Posted in Artist
  • Monitor engineer Conor Dillon relies on Sensaphonics 2MAX ツアーをするアーティストと働く若いモニター技師にとって、信頼のおけるイヤモニを持っている事は成功への鍵です。モニター技師コナー・ディロンはセンサフォニクスの2MAXを信頼していま […] Posted in Best Select, Technical
  • Sensaphonics 2MAX powers Emeli Sandé on tour エミリー・サンデー スコットランド出身のシンガーソングライター、エミリー・サンデーはファン達を急速に増やしていて、ハードなスケジュールのツアーをこなしているパワフルなボーカ […] Posted in Artist

Comments are closed.