Your browser (Internet Explorer 6) is out of date. It has known security flaws and may not display all features of this and other websites. Learn how to update your browser.
X

ビッグベン4年の沈黙へ…作業員の聴力守るため

Big Ben to fall silent while essential conservation works take place

英国の代名詞のような、「ビッグベン」の愛称で親しまれているロンドンの英議会議事堂の時計塔の鐘が、2017年8月21日正午を最後に2021年まで鳴らなくなります。報道各社がニュースを配信。

Read more

OSHA(米国の労働安全衛生庁)による騒音量の規定音量について(アメリカOSHA規則・職業性騒音暴露-英語全文・日本語翻訳)

OSHA(OSHA Standards)”Hearing conservation program.”

OSHAとは、米国労働省の一機関である労働安全衛生庁(Occupational Safety and Health Administration)のことです。1970年、ハリソン A. ウイリアム Jr. 上院議員ならびにウイリアム A. シュタイガー下院議員が中心となり、連邦議会は、「・・・アメリカ国内で働くすべての男女に、安全で健康な職場を提供し、人的資源を守ることを保証する」労働安全衛生法 (OSH Act)1を可決。こうして1970年12月29日、リチャード M ニクソン大統領の署名によって成立したこの法律により、労働者の安全と健康を守るOSHAが設置されました。

 

Read more

【素晴らしいセンサフォニクスの音の隔離】が立証されました!

Superior Sensaphonics Isolation – now documented!

業界初。独立したテスト研究所がセンサフォニクス社製のイヤモニターの驚くべき広周波数帯域における遮断性能を実証。オクターブ・バンド・テストにおいて全ての周波数で平均34dBの減衰。8000Hzでは平均遮断性能がなんと45.5dBを記録しました。

Read more

【難聴リスク、若者の耳に迫る 大音量ライブやイヤホン】日経新聞が音楽性難聴について記事を掲載

News ”NIKKEI STYLE”

日本経済新聞夕刊、日経電子版:日経スタイル 2017年4月5日付

WHOの音楽鑑賞による聴覚リスクの発表を受けて、日本経済新聞がライブ、イヤホンによる大音量による音楽観賞が騒音性難聴にかかる若者が増加していることを報道しています。WHOは毎年この問題への関心を高め、関係機関にむけて啓蒙と予防を訴えています。

 

 

Read more

『耳が壊れる、音楽が壊れる』音楽評論誌が演奏家の難聴問題を掲載

Mercure des Arts Contents  

クラッシックの音楽評論WEB誌”メルキュール・デザール”に、編集長の丘山万里子さんのご自身の突発性難聴の体験を元に、騒音性難聴の問題について警告と提案を評する記事が掲載されました。

Read more

音響学会大会で「IEMの基礎と安全な音」について、サントゥッチ博士と音響技師フリンクが講演

Santucci and Frink to present “IEM Fundamentals and Safe Sound” at AES

第141回音響学会大会(AES)が2016年9月29日~10月1日までロサンゼルス・コンベンション・センターで開催。マイケル・サントゥッチ博士、音響技師マーク・フリンク氏が音響学会大会で「IEMの基礎と安全な音」を講演しました。

要約:イヤモニは多くの恩恵を提供してくれますが、パフォーマーの聴覚を守る保証はどこにもありません。この議論は、聴覚保護を手助けするイヤモニにおける聴覚の生理学と原理を探求します。

 

Read more

OSHAのすべて (米国の労働安全衛生法と安全健康な労働環境の推進の政府機関)安全音量に関する規定なども設定。

All about OSHA

1970年、労働安全衛生法は、事業者や労働者たちを支援し、米国の職場で発生する傷害や疾病、死亡者数を削減するべく、労働安全衛生庁を設置しました。OSHAは、労働安全衛生の推進、災害をなくし傷害や疾病を防ぐ方法を特定し、それを普及させていく努力を重ねています。労働者の安全と健康の保護は、企業がなすべきである正当な行為です。なぜなら、それはコストの削減につながり、企業の価値を高めるからです。安全で健康な職場環境を確立するには、すべての事業者、すべての労働者が安全と健康を最優先事項として位置づけなければなりません。OSHAは、事業者や労働者に職場での安全や健康の価値を認識させ、安全で健康な職場を実現させるための支援に中心的な役割を果たしており、傷害、疾病、死亡者数ゼロの達成を究極の目標としています。

Read more

センサフォニクスがシカゴで二回目のインダストリー・ナイト・イベント「あなたの耳を尊重しよう」を開催

Sensaphonics 2nd Annual “Respect Your Ears” Industry Night

センサフォニクスはシカゴで二回目となるインダストリー・ナイト・イベント「あなたの耳を尊重しよう」を開催します。このイベントはキルグビン・ブラザーズの素晴らしい演奏ととも無料の音楽を聴きながら、聴覚学者の専門知識に接する機会です。バンド演奏と大きな騒音の中で働く音楽ベニューの人々がフィルター付きの耳栓でいかに彼らの生活を豊かにできるのかを知る素晴らしい機会です。

Read more

マイケル・サントゥッチ博士とシュアの無料の聴力健康オンラインセミナーに参加しよう。

Join Dr. Michael Santucci and Shure for free hearing wellness webinar

センサフォニクスの代表マイケル・サントゥッチ博士はシュア社の「あなたの聴力:なぜ失うのか、どう守るのか」というウェブセミナーにゲスト出演します。音響機器メーカー、シュアのシニア・マネージャーであるジノ・シグミスモンディは、サントゥッチ博士と一時間のライブ・セッションを二回行います。

Read more

ワールド・ヒアリング・デイのメッセージは推定6000万人以上の人々に届いた

Music community rallies in support of World Hearing Day

WHO主催のワールド・ヒアリング・デイのイベントが2016年3月3日に開かれました。この世界的な活動の協賛にあたり、聴覚福祉のエキスパートであるセンサフォニクスは、聴覚の大切さの認識を上げる為にオンライン上のファンとともにスター揃いのミュージシャンと手を取り合いました。参加したアーティストは、コールドプレイ、マルーン5、デイブ・マシュー・バンド、リサ・ローブ、オーケー・ゴー、ザ・ルミニアーズ、アンフレーズ・マギー。センサフォニクスがアーティスト達と手を取り合ったことにより勢いを増したこのワールド・ヒアリング・デイのメッセージは推定6000万人以上の人々に届きました。

Read more